奇跡のコースの記録
見出し画像

奇跡のコースの記録

A Course In Miracles

奇跡のコース:
1976年にアメリカで出版され、現在、多くの言語に翻訳されている。
「テキスト」「ワークブック」「教師のためのマニュアル」の3部構成。

自分にとって、奇跡のコースの道のりは、 「どうしたら、もっと、心おだやかに生きていけるだろうか?」 という質問に対する「こたえ」を見つけていく道のりでもあるのかなって、 ふと思いました。

ここでは、原書(英語)の「テキスト」と「ワークブック」の2部分を読み進めながら感じたことなどを記録していきます。

はじめようと思ったキッカケ

あるとき、自分が「ステキだな〜」と思っていた著名人たちが、インタビューや本やブログなど、いろんな場面で「奇跡のコース」に言及しているのを見たり聞いたりして、読んでみることにしました。

でも、テキストを読み始めて、さっそく挫折。


はじめの記録

2020年9月14日

少し時間が経ち、以下の著書を読んで、もう一度、挑戦してみることに。

著書: A Course in Miracles Made Easy
著者:Alan Cohen
日本語版: 今まででいちばんやさしい「奇跡のコース」

テキストは、意味が分からなくても読み進めることが大切。 そもそも、テキストを飛ばして、ワークブック(実践)から始めるのもアリ。という考えに目からウロコ。

「あ、そうなんだ!」という感じで、ワークブックから再スタート。

ワークブックには、365日のレッスンがあり、毎日、朝食前のタイミングで1レッスンずつ進めています。 基本、1日1つのレッスンという感じですが、1つのレッスンに2日かけたこともあります。

現在:レッスン80

ここにきて、「あ、道のりを記録していくのもいいかも」と思いたち、 今日から記録していくことに。


コツコツつみかさねる

2020年9月28日

現在: ワークブックのレッスン91

ここまでの道のりで、体験したこと、感じたことなど。

1つめは、今まで、どうしても超えられなかった心の壁の一部分を超えることができたこと。

今まで、どうしても越えられなかったそのハードルは、 1ヶ月後、3ヶ月後とか、時間が経ってから、もう一度向かい合うけど、 苦しみが蘇るだけで、超えられない。

そのハードルを、今回、越えることができた。それは、一瞬の出来事で、 心のなかから、何か重たいものが浮びあがって、空へのぼっていったような感覚がありました。

どうして、そうなったのかは、よく分からないけど、 日々のレッスンをつみかさねて行くことが大切なのかなって思います。

貯金箱にお金が貯まったら、好きなものを買えるように、 奇跡のコースに対する日々の取り組みが、つみかさなって、 心の浄化や変化や進化につながっていくのかもしれません。


2つめは、ワークブックのレッスンを読んだり、実践しようとするとき、 今までいた場所(苦しみを感じていた場所)に自分を引き戻そうとする力が働くこと。

それは、毎日ではない。 心おだやかに、前向きにレッスンに取り組めるときもあれば、 読んでいる言葉がなかなか入ってこないくらい、心のなかが荒れ狂っているような日もあります。

新しい自分に向かおうとすると、古い自分に戻ろうと引っぱられているような感覚があります。

ムダな抵抗は、しなくてもいいのかもしれません。その瞬間、自分のもとを訪れた「苦しみ」に身をゆだねる。 でも、それと同時に、光に向かう。

暗闇をなくすこと、追いはらうことにエネルギーを使うのではなく、 ただ光に向かっていく、自分のペースで、少しずつ。前へ、前へ。

部屋が暗いと感じたら、明かりをつける。

いたみを感じて受け入れてしまえば、そのキズは、もう自分を苦しめることができないのかもしれません。


自分を縛っているものは、何?

2020年10月3日

現在: ワークブックのレッスン96

自分の心を縛る、ありとあらゆるものから自由になりたい。

そのためには、何が自分を縛っているのか(苦しめているのか)知る必要があるのかもしれません。

「暗いのが問題なんだ」と気づいたら、明かりをつければいいだけ。 それと同じように、まずは、何が自分を縛っているのかに気づくことで、 それを、ほどいていく道が見えてくるのかもしれません。


没我の境地

2020年10月4日

現在: ワークブックのレッスン97

ふと思ったこと。
1日に1回でも「没我の境地」に達することができれば、いいのかも。

この続きをみるには

この続き: 9,094文字

奇跡のコースの記録

ななみ書店

390円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Hope you have a great day!
七海。7つの海へ...。Read your way through life... 英語、西洋占星術、自己啓発、ふと思ったこと、一行小説、写真詩集、など。 目標は、773冊noteを書くこと。 人生を記録するLifeLogノート:https://kanata.blog/