DVK
2022.6.18 明治安田生命J1リーグ第17節 柏レイソルvsヴィッセル神戸〜前提条件の消失〜
見出し画像

2022.6.18 明治安田生命J1リーグ第17節 柏レイソルvsヴィッセル神戸〜前提条件の消失〜

DVK

※記事自体は全文無料で読むことができますが、もしよろしければ150円(執筆のお供のコーラ代です)ほど恵んでいただけると幸いです。

スタメン

・神戸はロティーナ監督就任後初めてスタートから3バックを選択します。3バック自体は菊池が退場した後のガンバ戦でもやっていたのですが、11人での3バックはこれが初めてです。大崎は久々にセンターバックに戻って、中央を担当します。
・ピボーテには復帰戦の山口を置きます。ポジションの被る橋本とどう共存させるかは今後の見どころの一つだと勝手に思っていましたが、この試合は山口を一列下げる形で併用してきました。本質的には両方ともインテリオールの選手なので、悩ましいところではあるのですが。
・柏は和製エースの細谷を代表召集で欠いており、代役にこれまた若手有望株の森を起用します。バックラインは定番のメンツをそろえてきましたが、キムスンギュが移籍騒動で揺れるゴールキーパーにはJ初出場となる3年目の松本を送り出してきました。

試合展開

3バック採用の意図を考える

・突然の3バック採用で我々を驚かせたロティーナ神戸なのですが、理由としてはいくつか考えられないこともないというか、思い当たる節はあります。列挙してみましょう。

戦術的要素:①柏のストロングポイントを消したい

・まず前提として、ここまでの神戸がゲームを有利に進められてきたのはいずれもボールを持たない展開の時で、自分たちがボール保持の質を問われるゲームになると途端に苦しくなるのがここまでのテンプレでした。
・逆に言うと、守りを固める展開ならそれなりにいけるだろうという認識はあったはずで、これが神戸側の前提条件です。
・ここまで快進撃を見せている柏はこうした神戸が嫌がる展開に持ち込むことに長けていて、基本的にはボールを相手に持たせつつ、2トップ+サヴィオや戸嶋らのスプリントを辞さない中盤の選手たちによる速攻を持ち味としています。
・こういう展開に持ち込ませないようにするためには、後ろを重くしてスペースを消し、トランジションを少なくする方向でゲームをコントロールするのが手です。柏はボール保持に特徴を持つチームではないですし、クロスを点に変えられるストライカーもウズベキスタンに出張しているので(細谷のことです)、理論上はその対応で問題なかったと思います。

②:枚数を合わせた方がサイドが守りやすい

・遅攻の場合、柏はウイングバックが上がってきてウイング役を担うのですが、こうした相手に対して後方を5枚にして合わせることは有効で、単純に人が1人増える分横方向のスライドがやりやすくなります。神戸のWBは前方に出ていくよりはCBとのチェーンを意識していたので、ここで裏にスペースができることはあまりありません。
・三丸,大南といった柏のウイングバックはあまりレガテを期待できるタイプではないので、数を合わせてしまってサイドを封鎖するのは効いていたと思います。対面の進路をふさいでしまえば、基本的に彼らはバックパスを選択してくれていました。

③:中央を封鎖したい

・柏の攻撃の主役は中央の狭いスペースでも受けられて、強烈なミドルも兼備しているマテウスサヴィオなのですが、彼に好き勝手にプレーさせるのは好ましくありません。なので、中央は3枚のハードワーカーを組ませて、勤勉にスライドさせながら5バックの前を守らせます。
・横幅68mを3人で守り切るのはどうしても限界があるのですが、神戸はインテリオールがサイドに出張するシチュエーションを限定することで負担減を図ります。具体的には、柏のHVがオープンにボールを持っているときはむやみに追わず、2トップのプレスがかかった時だけ出ていく形でプレッシングを行っていたと思います。
・とはいってもやはりこの3枚でのプレスでボールを回収しきるのは難しいので、ある程度ボールを奪う位置が下がることは受け入れ、まずはとにかくエラーを排除すること=失点しないことを主眼に置いていたのではないでしょうか。

・具体的なプレッシングのやり方を見ていきます。まず神戸の2トップはピボーテの椎橋にフォーカスして、中央のスペースを守る対応をします。何度でも言いますが、武藤とイニエスタはいつぞやの小川慶治朗選手のように地の果てまでプレスをかけ続けられるようなプレーヤーではないので、どうしても強度の高い対応をここでし続けるのは無理があります。
・なので、柏のバックラインは基本ここで強いプレッシャーを感じることはなくて、特にHVには運ぶ余裕があったと思います。
・プレスのスイッチを入れるというか、最初に前に出てくる役割はインテリオールが担っていました。柏のHVが中央寄りで受けた時は前に立つ対応をしますが、タッチライン際あたりまで開いたときは一気に内から寄せて、バックパスが難しい状況を作ってからリリースを促します。図では表現しきれていないのですが、武藤が上島を切りながら寄せるのも一連のプレスのオプションとして整備されていました。

・しかし、前述したとおりここでのスライドでボールを奪いきるのは難しくて、どちらかというとブロックを構えたところでバックラインから入ってきた縦パスを跳ね返すのが主要なボール回収手段だったように思います。

本当のプランはどちら?

・基本的には神戸が柏にボールを譲る展開になっていたのですが、試合後のロティーナのコメントはこのようなものでした。

一番大きな敗因は、前半に良いサッカーができなかった事だと思っています。準備していた事が上手くいかず、ボールも持てず守備でも苦しい時間が続きいた事が、負けた要因だと思います。

・このコメントを真に受けるなら、ボールを意図的に譲っていたというよりは、もう少しボールを持つ展開を想定していたということになります。正直前半(特に先制するまで)の神戸はかなりパッシブな姿勢でゲームに臨んでいるように見受けられたので、このコメントは正直想定外でした。
・神戸は3バックが開いたところからボール出しをスタートし、HVが柏の2トップの脇を取って、そこから持ち出しての展開を狙います。3バック中央の大崎はあまり2トップに働きかけることなく、割と早いタイミングでHVに付けていた印象があります。ピボーテの山口は降りてくることなく、センターサークル幅で構えて2トップを中央に引き付けていました。
・基本的にボールを運ぶ役割はHVの小林と菊池が担っていたのですが、彼らのコンドゥクシオンはあまり満足の行く出来ではなかったのが本音です。斜めからのプレスを受けてロングボールを蹴ってしまい、簡単にボールを手放してしまう一因になっていたように思います。
・図に表すのが難しいのですが、特に菊池のコンドゥクシオンはファーストタッチが外側にそれる大きいものになってしまいがちで、柏2トップやインテリオールの内側からのプレスを誘発してしまっています。
・コンドゥクシオンは方向付けが重要で、まっすぐ直線的に運ぶよりは所謂"矢印"を曲げて、的を絞らせないようにしながら運ぶのが定石と言われています。その観点から言うと、この日の彼らのパフォーマンスは物足りないものでした。
・2トップに対して3バック(+GK)ならば一般的には数的優位と呼ばれる状態で、そうしたシチュエーションを作れば小林や菊池でもボール出しにうまくからめるだろうとロティーナも期待していたのだと思いますが、ここまでポンポン(not小林由依)蹴ってしまうのは想定外だったかもしれません。
・神戸のバックラインが苦しんでいた要因として、柏のプレッシング部隊の勤勉さも見逃せません。特に2トップの森と小屋松は、数的不利の状況下でありながらも中央を守りながらHVに寄せる難易度の高いタスクをこなしていました。

満たしかけた前提条件

・ともかく、前半の神戸はボールを握ることに苦しんではいたものの、532ブロックによる中央封鎖はそれなりに功を奏します。ボール保持にあまりコストを費やしていなかった分、比較的陣形の整った状態でゲームを進め、守備にも移行できていたと思います。
・柏はフリーのバックラインからの展開を探っていて、早いタイミングでの縦パスでブロックに侵入したり、スライドの間に合わないときがある中盤3枚の脇を使ったりする姿勢は見せていましたが、神戸の5バックが引き出される場面はほとんどなかったと記憶しています。

・神戸のリスク排除の姿勢は28分に結実します。神戸のボール出しの局面で小林から酒井にアウトレーンでのパスを通したところを大南がカットして、トランジションが生じるのですが、山口に椎橋が寄せるのはいいとして、ボールを奪えなかった後も中央のスペースに復元することができていなくて、結果的に武藤がさばき、イニエスタがワンタッチを流し込むスペースを空けてしまっています。

・武藤が引いて受けて高橋を動かし、背後に酒井が侵入した時点で勝負あり。最後はロングスプリントで外側を抜けてきた橋本が左足で蹴りこんで、虎の子の先制点を神戸にもたらします。こういうプレーを見ていると、やはり橋本が活きるのはピボーテというよりインテリオールだなという思いを強くせざるを得ません。

"どうしようもない"で済ませる前に

・柏の同点ゴールはトランジションから生じます。この前の場面で神戸は郷家にロングボールでの裏抜けをさせていて、これはカットされて柏の右サイドにノープレッシャーでボールを運ばれます。
・枚数の揃わない神戸ディフェンスを尻目に柏はボールを運び、大南からの縦パスを森がポストしてオープンな左の三丸に開きます。森のところでアタックできればよかったのですが、なにぶん人がいないのでリスキーな選択であったことは間違いありません。
・クロスの流れからの椎橋のミドルは確かにゴラッソなのですが、そこに行き着くまでの過程を仕方ないという言葉で済ますのではなくて、きちんと因果関係を考えていきたいです。言われなくてもコーチスタッフの方々は実行されていると思いますが。
・ともかく、これで神戸の「先制点を取ればボールを捨てられる」という前提条件は消失します。5バックでもこうしたエラーが消しきれないとなると、正直監督としては打つ手なしでしょうか。

https://youtu.be/1sq2tirLI50

・(会長ブチ切れの)PK判定のシーンもこちらに齟齬がなければ正直防げた場面で、動画で言うところの最初のシーンで三丸が持った時に、菊池は5バックのHVならもう少しラインを意識した内よりの立ち位置を取る必要があったと思います。この後ワイドに開いていた小屋松からインナーラップした三丸にボールが出て、山口が釣りだされるのですが、ここも菊池が定位置に戻っていれば山口は中央のポジションを守り続けていられたはずです。
・もうひとつ言うと、山口がサイドに出たぶん郷家はローテーションの動きで彼のスペースを埋めねばならないのですが、その動きが遅れ気味であったため、最後のところで菊池が飛び出しての対応を強いられていました。

案外悪くない

・2点を取られた神戸はハーフタイムで汰木を投入し、4-4-2に布陣を戻すのですが、3枚のセンターバックとピボーテが後方で滞留していたのを1人削ったぶんこちらの方がバランスがよくて、実際柏の3点目が入るまでは神戸が攻勢に出ていたと思います。
・交代で入った汰木はワイドに出ていく動きでWBの裏を取り、前半に欠けていた5バックを1枚どかすタスクを遂行します。ワイドにSBとウイングが2枚並ぶような形になる分、柏のWBは前に出づらくなっていたので、神戸はサイドで多少息ができるようになっていました。
・武藤の幻のゴールはまさにこのような形だったと思います。この前から柏は中盤3枚の隙間で受けられるシーンが目立っていて、小屋松を左サイドに落とした5-4-1にシフトしていたのですが、1列目の枚数が減ったため、神戸のバックラインには運ぶ余地が生まれます。この場面小林から初瀬が引き取って、大南の裏に走った汰木に左足で強めのパスを通します。そのまま抜けた汰木がグラウンダーのクロスでマイナスに通すという場面でした。
・(気は進まないですが)一応3失点目の場面にも触れておくと、武藤雄樹が余裕を持ってシュートを放ったあのスペースは誰かしら人を立たせるなりして埋めておかなければならない場所なので、あそこが空くのは正直ロティーナのチームにしては不用意だなと感じました。神戸サポの皆様は前節の山川のミドルを思い出していただければよりあそこの重要性を理解していただけると思います。


再掲:記事自体は全文無料で読むことができますが、もしよろしければ150円(執筆のお供のコーラ代です)ほど恵んでいただけると幸いです。

この続きをみるには

この続き: 76文字

2022.6.18 明治安田生命J1リーグ第17節 柏レイソルvsヴィッセル神戸〜前提条件の消失〜

DVK

150円

DVK
ヴィッセル神戸の分析記事書いてます