見出し画像

ファイナンシャルアドバイザーになります。

こんにちは。
Natsumiです。

今日はみなさんにご報告です。

報告なので72blogではなくnoteを使ってみることにしました。

タイトルの通りですが・・・

半年間やってきたweb制作の仕事をやめて

「ファイナンシャルアドバイザー&IFA」 になります!


簡単に言えば、野村證券でやっていた仕事と同じことをまたやろうと思います、ということです。

といいますのも・・・

野村證券を辞めてから1年以上経ち
また、半年web制作の仕事をやってみて思ったことがあります。

それは

「自分は金融が好きで、その知識を使って誰に役に立ちたい」と思っている。


ということです。

いろいろ思って辞めた野村證券でしたが

「自分は『金融/資産運用』が好きだし、それを誰かに話すのも好きだし
なかなか馴染みにくい『金融』について誰かが悩んでいるのなら
ぜひその手助けをしたい」

と気づいたのです。

そして

私がやりたいことは「野村證券」じゃなくてもできることだ、ということにも気づきました。


そんな思いを抱いていたところ

今回、野村證券時代の先輩がIFAの会社を起業するとのことで、機会を頂きIFAとして働くことにしました。

そして、ファイナンシャルアドバイザーとしての個人事業も始めることにしました!


「ん。IFAとファイナンシャルアドバイザーって何が違うの?」

と思われる方もいると思うので説明しますと

広義には同じです。

金融について相談に載ってくれる人です。

しかし、

ファイナンシャルアドバイザーは、個別具体的な銘柄や商品の提案は一切しません。
資産運用に関する客観的なアドバイスをしていきます。

IFAは、お客様の口座の担当者として、証券会社の口座を私の元でもってもらうことで、あらゆることにアドバイスしていきます。

「客観的なアドバイスか/具体的なアドバイスか」の違いと思っていただければ大丈夫です。

また、2つの相談では私に払う料金体系を変えます。

ファイナンシャルアドバイザーとしての料金は時間に対する対価を頂きます。
1時間〇〇円という料金体系です。

IFAとしての料金は商品の販売手数料として頂きます。
こちらは従来の対面証券会社と同じです。

なぜこのようにしたかというと、

証券会社のビジネスに常々疑問をもっていたため、その疑問を解消するビジネスをしたいと思っていたから

です。

私が疑問に思っていたこととは

お金持ちのみに担当者が接触して、
資産を増やすべき若者や資産形成層に全く接触できていないという現実です。

もちろんその状況もある程度は理解できます。

なぜなら営業マンは手数料のノルマを毎月背負っていますし
それを熟す(言葉が悪かったらすいません)ために手数料を稼がせてくれるお客様に注力するのは理に適っているからです。

しかしそうなると、
お金を持っていて手数料を頂けるお金持ちの方のみに証券会社の担当者の意識は持って行かれ
資産形成層はアドバイスが欲しいのにほおっておかれる状況になります。

また、わたしは常々、資産形成層や若い人ほど投資を始めるべきと思っています。

この状況を常々なんとかしたいと思っていました。

そして、
今回「ファイナンシャルアドバイザーとIFA」そして、以前からやっているblogを用いることで

全ての資産運用のアドバイスの欲しい人たちの役に立ちたいと思っています。


「相談するまではいかないが情報は欲しい」という方には、わたしの発信するblogの「資産運用」の記事で情報を手に入れていただく。

「客観的な相談をしたいが商品は自分で選びたい」という方には、ファイナンシャルアドバイザーとしての相談を承る。

「具体的な相談しなおかつ私を担当者としたい」という方には、IFAとしての相談を承る。

このようにすることで、
できる限り多くの人の役に立てるように頑張りたいと思っています。

どのように相談に載るかは今考え中なのでしばし楽しみに待っていてくださいね。

最後に、一応ファイナンシャルアドバイザーになった証拠に・・・名刺を載せておきます!

画像1

どうぞファイナンシャルアドバイザーになったNatsumiのことを
これからもよろしくお願いしますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
72blogを運営するNatsumiの頭の中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。