見出し画像

サッカー界のデザイン話題あれこれ

サッカーのデザインに関する話題(記事)の紹介です 🥅 ⚽️💨

---

1. フォントの話

最近Jリーグの背番号(及び選手名)フォントが統一されることになりましたね。
今までユニフォームの背番号で使われるフォントは各チームバラバラだったのですが、モバイル端末からサッカーを見る機会も増えてきたこともあり、視認性の良いフォントに統一されるそうです。

Jリーグ - J.LEAGUE KICK

Jリーグの新フォント「J.LEAGUE KICK」はデンマークのKontrapunkt社が作成しました。個人的にはAsics Tiger フォントを作った会社だ!というイメージを持っていますね。
ちなみに視認性について監修したのがNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構、Jリーグの担当者と一緒にプロジェクトを進めていたのがTakramさんだったようです。

Jリーグオフィシャルネーム&ナンバー導入について ~2021シーズンから全クラブの選手番号・選手名の書体統一を決定~【Jリーグ】

Jリーグは「大反発」をどう受け止める? 「フォント統一」で聞いた3つの「なぜ」

思い入れのあるフォントが変わってしまうのは残念、と感じるサポーターさんも多くいらっしゃるようです。
また使える色が限定されていることを疑問に思う方もいらっしゃるようですが、カラーユニバーサルデザイン機構が関わっていることからも、「より多くの、広範囲の人にJリーグを楽しんでもらいたい」という思いからのフォント・カラー指定だったことが伺えます。
(基準を設けてチェックすればいいじゃん、という意見もありますがそれはそれでコストもかかりますしねー)

画像2

2020/10/18 追記
YoutubeのJリーグ公式チャンネルに、担当の方に決定の経緯やコンセプトが説明されている動画があがっていました。

プレミアリーグ - Premier Sans

↑紹介した動画で知ったのですが、プレミアリーグで現在使われている統一フォント(背番号だけではなくありとあらゆるもので使われている)のPremier Sansですが、なんとMonotype社に所属されている大曲都市さんという日本人の方が中心となって作成されたんですね。知らなかった!!

プレミアリーグ:最適化されたカスタム書体で、確かなブランドアイデンティティを発揮する

画像3

視認性のテストとして実在する選手、Alex Oxlade-Chamberlain選手を見本として使っていたというのはなんか面白いですね。J.LEAGUE KICKもサンプルとなる選手がいたんだろうか…Jリーグで一番長い名前、だれだろ?🤔

で、このフォントはプレミアリーグ全体のリブランディングの一環で行われたんですよね。ブランディング全体を担当したのはDesignStudio社。

手掛けたお仕事一覧。すごいラインナップ。。

画像1

【なぜライオンの体は消えたのか】プレミアリーグのロゴ変更とサッカー界へ広がるデザイントレンド

Premier Leagueの新VIについて DesignStudioの仕事

プレミアの放送やゲームでの表示なんかを見てほんと洗練されてるな〜と思っていました🦁
明快かつとにかくカッコいい。

世界中にファンを作る

Jリーグやプレミアリーグの例を挙げたんですが共通するのは「世界中のあらゆる人にリーグの魅力を伝えたい」という部分。
スマートフォンで見やすい、色んな人に届けるためのユニバーサルデザイン、ひと目であのリーグだとわかるヴィジュアル、魅力的に見せるプロモーション…

Jリーグのフォント変更もまた、アジアだけでなく世界にJリーグというコンテンツを本気で売り出していくという決意のあらわれなんでしょうね。
今までは選手個人や代表チームがプレイで世界に戦いを挑んでいましたが、これからはJリーグが世界のコンテンツに戦いを挑んでいくという戦いもみられそうです。

---

Jリーグが海外で有名になる→フロンターレという強いチームがあることが伝わる→ラ・リーガから招待される→#フロンターレはスペインリーグにでも行け が実現する…

2. チームロゴ(エンブレム)の話

あとサッカーとデザインの話でよく出てくるのは、クラブチームのロゴのリブランディング(リデザイン)についてですね。
近年のロゴデザインの変更で一番インパクトがあったのはユベントスではないでしょうか。

画像4

【名門クラブが向かう未来】 ユベントスのロゴ変更とリバプールFCのブランド戦略

ただし、プレミアリーグが「放送」を意識していたのに対し、ユベントスが意識したのは「マーケティング」です。

ユベントスは「オシャレになった」わけではない。専門家が分析するブランディング戦略

ロゴの変更は、ファッション性を高め、今までサッカーに興味を持っていなかった顧客層にアプローチすることを可能としています。
他クラブとの比較でみると、ユベントスのロゴは一瞬で認識することができます。
サッカークラブという存在を超えて、日常に浸透したブランドとして存在するよう設計がされています。

プレミアリーグのブランディングと比べるとユベントスのブランディングはより商業的な成功を目的としている感が強いですね。

ロゴのデザインを中心として、高いデザイン性を持つコンテンツを提供し続けることで、「ユベントスのファンであることが誇らしい・イケてる」感を演出できているのではないでしょうか。
また今までの歴史をきちんと引き継ぐことで、そのカッコよさがより重厚なものに感じられます。

ユベントスの新ブランドロゴは、サッカークラブの常識を覆す

余談:↑の記事にありますがユベントスの新ロゴを作ったInterbrand社、オニツカタイガーのブランドデザインも手掛けたらしい。前述したフォントといいASICSは本当にいいところにデザイン頼みますね〜

Jリーグで一番モダン?なロゴ:清水エスパルス

ではJリーグで最近ロゴデザインが変わったのは?と考えるとエスパルスでしょうか。

画像5

ユーベのロゴの制作過程がどんなものだったかはちょっとわからないのですが、エスパルスのロゴリニューアルでは既存のファン・サポーターの思いを大事にしようという姿勢を強く感じます。

S-PULSEのリブランディングプロジェクト(ブランド再構築)について

S-PULSE リブランディングプロジェクトの進捗について

ユベントスはファッション性高く、日常にも取り入れられるデザインをという意図もあってか今までのデザインからガラッとテイストが変わりましたが、エスパルスのほうは視認性を意識したモダンなテイストになったものの、サポーターの意見をできる限り取り入れて既存のロゴをできるだけ引き継いだデザインになっているように思います。

これは地域密着を掲げてやってきたJリーグだからこそ、なのかもしれませんね。しかもオリジナル10というJリーグの中で歴史があり誇りがあるでしょうから。
(いやユベントスも歴史があって地域密着な気もするが…ちょっとそのへんの温度感はわからず。やっぱりリニューアル時は反対意見も多かったんでしょうかね??)

あとユベントスは歴史が長いながらも結構頻繁にロゴ変わっていますが、清水は25年間、Jリーグ開始時から使われているロゴなので余計思い入れのある方が多いでしょうしね。

S-PULSE REBRANDING LAUNCH

2年もかけて作ったんですねすごい。
このオレンジと青の組み合わせ、フォント、好き😍

このエンブレムはゼロから新たに作ったものではありません。 皆様の思いが結集した現エンブレムの伝統を引き継ぎ、 それを新しい世代へと受け継ぎ、 アップデートするためのものです。 親から子へと遺伝子が引き継がれるように、 現エンブレムと新しいエンブレムの間には、 同じオレンジの血と遺伝子が引き継がれています。

フロンターレがリブランディングするとしたらどのタイミングなのかな…?

---

以上、サッカー界のデザイン話題あれこれでした。

どんなものにもデザインはある。
それがデザインの楽しさですよね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アリガトゴザイマス \( ゚д゚)/
5
UI / Digital Product Designer デザインのこととか書けたらいいですよね〜それ以外のことでもいいですよね〜 https://www.711fumi.info/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。