Takehisa Gokaichi

Goodpatch Anywhere デザインマネージャー / リモートワークファシリテーター / UXデザイナー。

まもりあいnote

「まもりあいJapan」の参加メンバーが、それぞれの専門家としての視点で、活動内容とかける想いをつづっていきます。

すべて見る
  • 17本

「まもりあいJapan」のセキュリティとプライバシー

はじめまして。Japan Digital Design, Inc.という会社でセキュリティエンジニアをしております唐沢です。普段は社内のセキュリティポリシーを策定・運用がメインの仕事なのですが、今回はご縁があり「まもりあいJapan」プロジェクトに主にセキュリティ面のアドバイザーとして参加させていただきました。 プロジェクト参画の経緯もともとは本プロジェクトとは別の有志の集まりでコンタクトトレーシングアプリ(当時の呼び方)の勉強会をしていました。国内でも開発や検討が始まって

スキ
23

接触確認アプリのデザインデータを公開します

はじめまして、Goodpatch Anywhere でサービスデザイナーをしています、大堀祐一と申します。私たちはCode for Japanさんからお声がけいただき、接触確認アプリ(民間案)「まもりあいJapan」の体験設計およびUIデザインの部分でご協力いたしました。※本案は6/15 現在、厚生労働省が開発中の接触確認アプリとは関係いたしません。 本プロジェクトのオープンソース化に伴い、デザインデータ(Figmaファイル)を以下のリンクにて公開します。閲覧権限のみで編集

スキ
274

「まもりあいJapan」の品質をまもるためにやったこと

はじめまして、モンスター・ラボ の山下と申します。 接触確認アプリ「まもりあいJapan」プロダクト開発チームでテストを担当しました。普段は、テスター・ラボのマネージャとしてテストサービス提供をさせていただいております。 「まもりあいJapan」は5/18にコードを公開しました。このプロジェクトの当初のミッションは、このアプリを安全な形で迅速にリリースすることでした。この中でのテストチームの取り組みについて共有させていただきます。「まもりあいJapan」の開発経緯に関して

スキ
19

エンジニア向け勉強会 "接触確認アプリ「まもりあいJapan」を支える技術" を開催します

「まもりあいJapan」プロダクト開発チームの平田です。 今回の勉強会では開発に関わったエンジニアがスピーカとして登壇し、さまざまな角度からアプリを支える技術についてお話させていただきます。「シビックテック x プロボノ(様々な分野の専門家の有志)活動」というコミュニティでプロダクト開発に関わった経験や様子もお伝えできると思います。参加者からもsli.doによる質問を受け付けますので、ぜひご参加ください。 トピックはこちら。 # トピック - はじめに - 自己紹介 -

スキ
22