美崎町ムード歌謡シリーズ_歌詞

4

強がり女の美崎町

うざいのよ いつまでも あなたの噂ばかり 

もうどうでもいいのに 聞こえてくるのが嫌 

困るのよ こんなにも ダメすぎる噂ばかり 

あの頃の自分さえ 消したい過去 

 美崎町の夜が 夜が深くなるほどに お酒とタバコが染みる 

 あなたじゃない あなた以外の 声を聞きたいのよ 

わたしだって おんな 今を生きてゆくワケが 欲しいだけ 

 最初から 何もかも 始まっていないのよ 

そう

もっとみる

ヌリカエテ美崎町

いつでも冗談言う貴方 少しも笑えない

あんなにホレてたあの頃が 逃げ水みたいだわ

今日も霞む  水平線  見つめて決めたの

貴方は空  私は海  結ばれない藍&藍

さよならを  告げなくちゃ  なんにも変わらない

心に嘘  つけないから  夕陽が沈むように

愛をヌリカエテ  美崎町

騙され続けて笑われて   それでも構わない

ひとの人生に添い寝して  そんなの意味がない

私らしく

もっとみる

スターライト美崎町

夕暮れの空に光る 星を見つめて 

 宙ぶらりんの自分に むなしくなった 

 憂鬱な風を止めて 誰か話かけてよ 

 この街のどこかに いるのならば 

 涙 雨が降りそうだ こらえきれなくて今 

 虹の橋 心にかかれば 

 迷いを消して 歩いてゆける 力をください  

 夕暮れの空に光る 星がキレイだ 

 今日よりも笑顔でいる 明日を描こう 

 勇気は風にのって 海を越えて来るんでし

もっとみる

本気モードで美崎町

風の音がうるさすぎて 君の言葉が聞こえない 

なんていつでも天気のせい 都合ばかりでズルイ奴さ 

愛に飢えてる本当の僕を 伝えてしまえたら 

ああ慣れちゃった 大人の世界はそのままで 

 僕と君だけの夢を 

 もうなすがまま なさねばならないことだらけ

 呑みつつ素顔で 君と美崎町 

 書類ばかり追われすぎて 君の気持ちを見失う 

なんていつでも仕事のせい 呆れるくらいトロい奴さ 

もっとみる