見出し画像

「五拾画廊の妖怪展」

noteの皆様には、はじめまして。

東京、神田神保町の浮世絵・古美術を専門に取り扱う五拾画廊です。

2021年、9/1(水)〜30(木)、初の自主企画展「五拾画廊(ごじゅうがろう)の妖怪展」を開催しております。国芳、芳年、豊国、周延…稀代の絵師たちの妖怪浮世絵を、お楽しみいただけます。

小さな画廊ではありますが、会場には展示コンセプトも貼り出しております。今回はその言葉をご紹介いたします。


「五拾画廊の妖怪展」


五拾画廊初となる、自主企画展です。

先行きの見えない、不安定な日々が続いておりますが、

浮世絵や古美術を日々眺めておりますと、

戦や疫病、飢饉、自然災害に見舞われ続けたその昔も、

人々は日々の生活を知恵と工夫で乗り切る … だけではなく、

世情を戯画化してみたり、さまざまな方面からの制約をかいくぐるように

隠し文字、見立てなどを駆使して創作したり…いつの時代にも

より心豊かに、逞しく生き抜いていた姿を垣間見ることができます。

シンプルに面白い絵として楽しむことはもちろん、

いつの時代も逃れがたい「死」の影や、

不安や恐怖と人々は共存し、命を今に繋いできたと言うこと。

目に見えないはずの存在の妖怪、幽霊、精霊たちにも、

世相が反映されていたり、時代の不安が投影されていたり。

全く平和でなんの不満も不安もなかった時代など、

実はいっときも無かったのだと言うことにも、

今だからこそ、なんだか勇気づけられる思いがします。

まだまだ暑い日も続きますが、お身体に充分お気をつけて。

ひんやり、そして心の中はほっこりしていただければ。

十八点の浮世絵、是非ともじっくりお楽しみください。

コンセプトキャプション



「五拾画廊の妖怪展」

妖怪、あやかし、精霊…怪しい魅力の浮世絵をセレクト。展示作品はご購入も可能です。会期中はHPTwitter でも展示作品をご紹介いたします。
※原則日月祝休、12-18時の時短変則営業中です。最新の営業日はHPTwitter でご確認の上ご来店をお願いいたします。

妖怪展2021チラシ

https://note.com/50gallery_note

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!