見出し画像

【読書】ガルシアへの手紙

 マッキンレー大統領がローワンにガルシアへの手紙を渡したが、そのときローワンは、その手紙を黙って受け取り、「ガルシアはどこにいるのですか」と聞かなかったということである。

 アメリカとスペインがキューバを巡って戦争を起こしたアメリカ・スペイン戦争において、アメリカ合衆国はキューバの山奥にいる反乱軍のリーダー・ガルシアと連絡を取らなければなりませんでした。しかもどこにいるのかもわからず、郵便も電報も届きません。
 しかし、大統領はガルシア将軍の協力を取りつけなればなりません。急を要します。
 そこで誰かが大統領に言いました。
「ガルシアを見つけ出せる人間がいるなら、ローワンです」
 呼び出されたローワンは大統領から手紙を受け取り、それを防水の小袋にいれ、革紐で体に縛り付けました。それから、四日後にキューバに小舟で上陸し、ジャングルに消えていき、敵地を横断し、ガルシアに手紙を渡し、三週刊後に海岸に現れました。しかし、この「ガルシアの手紙」が言いたいのはその冒険譚ではありません。
 このガルシアの手紙が言いたいのは、このローワンという男は、大統領から手紙を手渡されて、何も聞かずにその任務を粛々と遂行したことが偉大だと評価しているのです。
 このローワンのように背骨をビシッと伸ばして、自らの力で物事に取り組もうという精神や勇気を若者は学ぶべきだとしています。
 それこそが信頼に忠実に応えられ、すぐに行動に移し、精神を集中できる人物となり、結果、ガルシアに手紙を持っていく人物になれると言います。
 そして、ガルシア将軍はもうこの世にはいませんが、今もガルシアたる人物はいます。そこに何も聞かず、口答えをせずに手紙を持っていける人物を世の中はいつも必要とされています。
 それに対して、ふつうの人たちというのはいかに、一つのことに集中して行うことができず、またやろうと思わない人ばかりだとも言います。
 試しに周りの部下に「コレッジョの生涯について、百科事典で調べ、簡単なメモをつくってほしい」と頼めば、命じられた部下は何も言わずに「わかりました」と言い、その仕事をするだろうか。いや、その部下はしないはずだとしています。
 部下はどんよりとした、やる気のない目であなたを見て、あれこれ聞き返してきたり、「ご自分で調べられたらどうでしょう?」と言われるのがオチです。
 丁寧に情報の探し方や情報の必要性を説明したあとでも、部下は他の社員に「ガルシア」を見つける手伝いをさせたうえで、「そんな『ガルシア』という男はいません」と報告するだろうと言います。
 本書はそんなガルシア(危険地帯で所在不明な男)に(何も聞かずに)手紙を届けるローワンのような人物はどこにもいないし、いつも必要とされていると教えています。そしてそんな人物になれるように心がけようと教えています。

 本体の「ガルシアの手紙」は非常に短いのですが、あとはこのガルシアの手紙の時代背景や、この「ガルシアの手紙」どれほど世界で売れたかや、本書から読み取れる解釈や、著者のエルバート・ハバート氏の言葉を紹介しています。この解説の方がはるかに長い内容になっています。
 長い出版の歴史に、こういったごく短い小冊子の大ベストセラーがあることに驚かされます。前に紹介した「アイデアのつくり方」も小冊子でありながらロングセラーになっていました。
 この「ガルシアへの手紙」は、リーダー論ではなく、信頼できる部下とはどういうものかを書かれた本のように思えます。部下から信頼されるにはどうするかや、部下に言うことを聞かすにはどうするかの本はさまざまありますが、上司やさらにはるか上の大統領から見て、信頼に足る部下とはどんな人物かを短い文章と実際にいた英雄の仕事を例に書いています。
 こんなインポッシブルなミッションにまっさきに「ローワン」と名前が上がってくる事態に、このローワンという人物の日頃の仕事ぶりが見て取れます。常日頃から黙々と仕事を遂行した人物なのでしょう。このガルシアへの手紙を渡す仕事が成功しなくても、このローワンという人物の日頃から積み上げていた仕事ぶりが見て取れます。
 そんな本体はかなり文量が少ない本ですが、解説でそれを補っており、日露戦争のロシア兵が全員持っていたという逸話のある小さな物語を一度読んでみてはいかがでしょうか?オススメです。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
3
数あるnote記事の中で私のnote記事を選んで読んでいただきありがとうございます。私のことを考えないようにして読んでいただけたら幸いです。群馬生まれ、群馬育ち、群馬在住、群馬贔屓。

こちらでもピックアップされています

【読書】記録
【読書】記録
  • 86本

自己啓発書やビジネス書の著者は海外の有名大学の教授やビジネスで実際成功された方です。教授であれば研究に、ビジネス成功者であれば経験に基づいて書かれています。そういった最新の研究や経験を著者を通して知る事ができる本です。 私の感想から、あなたの人生や価値観を開く本と出会える手助けになれれば思います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。