見出し画像

【映画館】ぼくたちの嘘と真実 DOCUMENTARY of 欅坂46

 平手友梨奈の圧倒的な『天才性』と『カリスマ』と『存在感』。

 はじめに断っておきますが欅坂46についてはほぼ何も知らない状態です。代表曲「サイレントマジョリティー」は知っていますが、映画「響」で主演を務めた平手友梨奈さんの演技力というか存在感に圧倒されたことが欅坂46関連で一番の印象です。あれはすごい映画というか「鮎喰響」というカリスマ感あふれる存在でした。
 それくらいの気持ちでこの欅坂46のドキュメント映画に挑んだ次第です。結果から申し上げますと、とてつもないドキュメント映画として出来上がっていました。
 この映画は、オープニングは2019年末の大きなツアーの最終日のリハや準備、ステージが始まるまでのバックステージの欅坂46のメンバーやスタッフを撮影しています。
 そして、メンバーがステージに飛び出しパフォーマンスが始まり、始まった瞬間に時は戻ります。
 時は数年前の欅坂46の結成時代に戻ります。欅坂46になることが決まり、まだアイドルではなく普通の女の子であるメンバーたちが嬉しそうに明るい笑顔でCD屋を回っていました。
 CD屋に貼ってあったポスターに[欅坂46:タイトル未定]の文字を嬉しそうに指差したりしていました。その中にはまだあどけなく笑う平手友梨奈さんの姿もありました。これから記者向けに挨拶するために必死にスマホで暗記しようと何度も読んでいる姿もありました。
 当時のことを振り返る現在のメンバーのインタビューシーンをはさみながら、欅坂46の結成からの記録を見せていきます。ただこの頃はまだ既存のアイドルグループと違いはあまり感じられません。明るく楽しい友達関係のようなグループです。
 しかし、グループの不協和音が、まさに『不協和音』のMV撮影時に起きました。
 もともと欅坂46は後進のアイドルグループのために特色として、ハイパフォーマンスダンスを売りとしています。そのために今までの楽曲のダンスの要求レベルも高かったのですが、この「不協和音」のレベルはさらに上をいく難易度のダンスになっていました。当然グループへのダンスの要求レベルが高ければ、そのセンターを務める平手友梨奈さんに求められるレベルは過酷なものになります。
 MV撮影のために細かいカットでダンスをパートで踊っているのですが、「これを続けてライブで踊るのが怖い」と笑いながら言っていました。しかし、その笑顔の余裕は次第に無くなり、平手友梨奈さんはダンス時だけ見せていた刺すような視線の表情を常にするようになりました。集中を常に維持し続けた結果、仲間たちの言葉にも反応しなくなっていきました。とはいえ、そんな愛想も反応も無くなった平手友梨奈さんにメンバーは怒ることもなく、その苦労と集中が必要なことも理解していました。何より欅坂46には平手友梨奈さんのダンスは支柱であり、なくてはならないものだったからです。それに平手友梨奈さんにはダンスだけでなく、センターに立つ人間に必要な魅力がありました。こればかりは他のメンバーには練習で身につけられるものではありません。
 多分、平手友梨奈さんのその魅力『カリスマ』は、他のアイドルグループの歴代のセンターたちよりも群を抜いていたものであり、それがあるからこそ、その強みこそが欅坂46が後進であっても先輩グループに負けない存在でいられた理由だったのでしょう。それに平手友梨奈さんのカリスマにメンバー自身も惹きつけられていたこともあります。平手友梨奈さんのバックダンサーであることに喜びと誇りを持つようになっていました。実際に平手友梨奈さんがセンターの時の欅坂46のメンバーのパフォーマンスは劇的に飛躍していました。そのことに気付くのは、次第に平手友梨奈さんの体調不良により出演を休演することが起き始めてからでした。
 高いパフォーマンスを求められても嫌な顔を一つせずに踊ってこれた欅坂46のメンバーが平手友梨奈さんの休演という自体に、全員がとまどい、笑顔が突然曇り始めます。中には突然怖くなってしまって逃げ出してセットの影で泣きじゃくるメンバーも出てくる次第です。
 代わりのセンターなど考えることもできないし、代わりを立ててもしっくり来ません。欅坂46の最大の強みは他のアイドルグループには存在しないほどの平手友梨奈さんの強いカリスマ性だったのです。それを簡単に埋められるようなら苦労はしません。
 とはいえ、コンサートは続けないといけないので、平手友梨奈さんの穴を必死に埋めようとしますが、いなくなってその存在感の大きさが痛いほど身に染みてきます。その痛みを耐えつつも平手友梨奈さんの完全復活をメンバーは待ち続けました。
 結局完全に復活することはないのですが、やはり平手友梨奈さんがセンターに立った時の欅坂46のパフォーマンスはずば抜けて高くなっています。それと同時により平手友梨奈さんのカリスマ性はより強力になっていきます。メンバーが難易度の高いダンスを踊っていても、平手友梨奈さんがゆっくり歩くだけで、会場の視線は平手友梨奈さんに集まってしまいます。歩くだけでパフォーマンスになるほどのカリスマ性と、やはり踊れば誰よりも完璧に踊り切るダンスパフォーマンスのレベルの高さ、いつの間にか平手友梨奈さんはアイドルという枠でははめられない存在感になっていました。欅坂46のメンバーはそのことはわかっていましたが、離れたくない気持ちが強く、最悪の事態を考えないようにしていました。
 しかし、その最悪の事態は突然訪れました。平手友梨奈さんの口から欅坂46脱退を知らされます。メンバーたちは「まだ一緒にやりたい」と伝えますが、平手友梨奈さんは「距離をおきたい」と拒みます。そして最後の日にメンバー全員とハグをして別れました。
 皮肉なことに平手友梨奈さんの脱退と時同じくして、世界は疫病が蔓延して今の事態になっています。そして平手友梨奈さん脱退後の欅坂46の初ライブは無観客のネット配信ライブとなり、そこで発表されたのがグループ名の改名でした。
 圧倒的なカリスマを欠いた欅坂46は新たな名前で再出発をすることになりました。

 この映画の流れはこんな感じです。このドキュメンタリーを観て思ったのが、秋元康氏は今までのアイドルグループとは違う路線として、寺山修司的なアングラ演劇の風味をもったアイドルグループにしたかったのが、本物のアングラ演劇の天才『平手友梨奈』を発掘してしまったようなグループのように感じます。アイドルは「それっぽい」とか「それ風」という他のジャンルの雰囲気をモチーフに取り入れて演出するのでしょうが、まさか本物の天才を見つけてしまったために、センター交代などできずに八方塞がりになってしまったのではないでしょうか。
 今までの他のアイドルグループは、訓練を同じ量を積んだ仲間たちなら交代もできましたし、盛り上げるネタにもなりえましたが、残念なことに本物の天才や本物のカリスマを発揮できるセンターを軸に置いた場合そうはいきません。代わりを立てることができなくなり、最近のアイドルグループのようにイベントで交代劇を演出することはできません。しかもメンバーがそのカリスマに惚れてしまってはモチベーションを戻すことはほぼ不可能でしょう。
 まさか『平手友梨奈』は、メソッド演技法でゾーンに入ってるアイドルだったとは思いもしませんでした。映画好きなら、映画「ダークナイト」のジョーカー役ヒース・レジャーのような迫力があります。しかもまだ未成年という若さです。
 アングラ演劇や前衛的な身体表現など、『平手友梨奈』というカリスマなら何をしても世界で評価される存在になれるでしょう。あとは『平手友梨奈』を活かす監督や劇作家がいるかどうかでしょう。それこそ故寺山修司のような存在が必要でしょう。これからまだ若いこの圧倒的なカリスマ性をそなえた天才がどんな表現をしていくのか楽しみでもあります。
 本作品は、欅坂46というよりも平手友梨奈という一人の少女がカリスマになっていく姿を追体験できる貴重な映画になっています。あと欅坂46というグループは音楽を楽しむと言うより映像や空間表現に特化したグループなので、改めて映像で観るべきです。
 本作品ほど、大きな映像、いい音響で聴くには適した映画はないでしょう。できるだけ早くこの映画を映画館で観るようにしましょう。きっと多くの[気づき」を『平手友梨奈さん』が教えてくれてるでしょう。ぜひオススメです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
11
数あるnote記事の中で私のnote記事を選んで読んでいただきありがとうございます。私のことを考えないようにして読んでいただけたら幸いです。群馬生まれ、群馬育ち、群馬在住、群馬贔屓。

こちらでもピックアップされています

【映画館】鑑賞
【映画館】鑑賞
  • 38本

映画を観たメモ感想とかそんなの。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。