見出し画像

クチコミに悩む経営者を救いたい

Dr.challenger

うちのクリニックのGoogleのクチコミは、もはや不満の掃き溜めに成り果てています。

待ち時間が長い、プライバシーがない、診察が短い…

余程嫌なことがあったんでしょう。
わざわざネットに書き込んでまで当院の評判を落としたいくらいだから。

ここには大きな認識の違いがあります。

クチコミを書く人からしたら、クリニックを選んで評価しているつもりだと思いますが、
クリニックも患者さんを選んでいるのです。

我々がこの地で開業しているのは、家族のため、スタッフのため、感謝して来てくださる患者さんのためです。

数多くの来院患者さんの期待に応えられるように、1日に診れる患者数やスペースのキャパを超えて回してるから、
待ち時間も長くなるし、プライバシーを維持する距離も取れません。

さらに急を要する患者さんは優先し、遠方からの患者さんもなるべくその日で対応します。

毎日ヘトヘトです。

働いている側の想いや努力はお構いなしで、ただ待たされたから腹いせにクチコミを書く。

そういった患者さんは、空いてるクリニックに行ったらいいし、お金も要らないので二度と来てもらわなくていいのです。
特定できたらブラックリストに入れます。

こういった悪意のクチコミに傷つき、落ち込む経営者もきっと少なくないと思いますが、これらの人種は全体の5%は必ずいますし、パレードの法則に従えば、私たちが集中すべきは、この下位5%ではなく、上位20%の優良顧客です。

悪意のクチコミにへりくだって謝罪のコメントを返す必要などないのです。

完全無視しましょう。

サービスがなくなって困るのは、こちらではないから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!