S.KONDO

北海道・旭川の街で、家具のデザイン、企画・設計を中心に、暮らしにかかわる製品をデザインするシロロデザインスタジオとして活動。

S.KONDO

北海道・旭川の街で、家具のデザイン、企画・設計を中心に、暮らしにかかわる製品をデザインするシロロデザインスタジオとして活動。

デザインの話(家具編)

家具をデザインすることに関しての備忘録

すべて見る
  • 6本

デザインアシスタントの仕事

旭川の家具メーカーの匠工芸でのインハウスデザイナー、喜多俊之氏のデザイン事務所、IDKデザイン研究所と喜多俊之設計工作室での裏方で費やした10年間で、家具設計とデザインのスキルやノウハウという大きな経験値とバックグラウンドを得ることができた。 2013年に、中国の順徳から北海道の旭川に戻り、意気揚々と自身のデザインスタジオを立ち上げたのは良いが、会社という看板がはずれ、デザインの仕事になかなかありつけない日々が続いた。下積みとしての10年間で貯めてきた「自分はある程度はでき

スキ
1

デザインの師匠-#05 デザインの力-

さて、デザインの師匠編は、今回で最終のお話しとなります。2021年コロナ禍が長引く中、何かしら自分のこれからの未来を考えるなかで、まずは自身のデザインのDNAを整理したいと考えて始めたnoteへの投稿、過去の想い出は、今回で一区切りさせて、今後は、現在進行形のデザインの日々を書き留めていければと考えてます。 表題の件ですが、私のデザインの最初の師匠であり、最後の師匠でもある特別な存在。それは、学生時代、初めて出逢った世界的なデザイナーであり、大学時代からの恩師である、喜多俊

デザインの師匠-#03 プロダクトデザイン-

2009年、旭川市の工芸センターが手掛ける人材育成事業で2人のデザインの専門家に出逢う事が出来た。その2人は、萩原修氏(シュウヘンカ)と名児耶秀美氏(アッシュコンセプト)だ。 前回は萩原修さんから学んだことを書いたので、今回は名児耶秀美さんから学んだ事を書いていこうと思う。 アッシュコンセプト代表でもある名児耶さんからは、商品開発の一連の流れ、商品を企画して、開発して、リリースするまでの全てを学んだ。また、プロジェクトとして、チームでデザインする事の大切さと楽しさを体感さ

スキ
1

デザインの師匠-#02 コミュニティデザイン-

「デザインの師匠」では、20代から30代に出逢って、デザインに対する考え方やスタンスに多大な影響を受けた人達を師匠と呼び、当時のできごとを書き留めて、私のデザインのルーツを探っていこうと思う。 新卒で入社した旭川の家具メーカーでは、企画開発と言う役割を与えられたが、30名の中小零細企業では、専門性に特化した仕事のみに没頭はできず、日々雑務をこなしながら、意義を感じる仕事を作らなければならなかった。 デザインよりもものづくりを優先する現場で、雑務に対する不満や閉塞感の中、私

スキ
1