見出し画像

今のママが一番いいよ

昨日、娘が私の顔をジーッと見つめてこう言った。
 
『ママ、イケてるね。今が一番いいよ』
 
実は、私から見た娘も、
今が一番イケているように見える。
 

画像1


全然関係ないけど、娘が描いたlolドール。イケイケ。

 
 

ママ、前のコーチング、
合ってなかったと思うよ。


娘に言われて、ハッとした。

そう。
私は今年に入ってから、コーチの仕事の幅を広げるためにジャンルを問わず、色々な勉強をして、結果的に大きな方向転換をした。


当時は言えなかったけど、イライラが身体から滲み出てたよ。顔は笑ってるし、雰囲気も穏やかだけど、顔の半分にイライラが出てて、ブサイクだった。
コーチング、意味ないんじゃないか?とずーっと思ってた。

そりゃ、やばいな。笑
 

昨年、3回ほど娘から言われたことがある。
  

『お願いだから、コーチングをやめて』

『ママは幸せそうじゃない』 

当時の私は、娘の真意に気がつくことができなくて、忙しいから寂しい想いをさせているのかな?とか、まだ幼いから私の仕事を理解するのは難しいかな?とか、見当違いの捉え方をしていた。
 

そのうち娘は私の頑固さに呆れたのか、何も言わなくなった。
 
理解してもらえたと私は勝手に感じていたのだが、真相は違った。

 
真相はこうだ。

言っても無駄だから、信じて見守ることにした。私は、ママが自分にとって合う選択をすることを信じてた。

 
どんだけw
思わず、

『心配かけてごめん』
 
と、謝った。

娘は、『大丈夫。信じてたから心配はしてない』 

どっちが親かわからん。

先日、箏でTVに出た時の控え室での1コマ。
貫禄w

画像2

要するに、何が言いたいかというと、
 
合っているか、
合っていないかは、
意外と自分では分からない

 
ということ。
 
 
私は、自分に合っていると思っていたし、主体的に満足のいく選択をしているつもりだった。

そして、コーチングが機能していると信じて疑わなかった。
  
しかし、実際は、
そうでなかった可能性もあったということだ。
 

私は大きく方向転換してから、
とても楽に楽しくコーチングが出来るようになり、さらにコーチングが好きになった。
 
前のコーチングが良い悪いではなく、より自分に合っているというか、幅が広がったことが、ものすごくプラスになっている。基礎になる部分を形成できたことは感謝しかない。
  
 

コーチングには派閥というか、
フィロソフィーというものが
団体によって、色々あるのだけれど、
そういうのを気にしなくなったかもしれない。
 
根っこは同じ。
  
 

そして、改めて思う。

フィードバック、聞こう。

自らの盲点は、決して自力では気がつけない。だからこそ、世のエグゼクティブはこぞってコーチを雇い、日々フィードバックをもらうことを大切にしているのだ。


耳の痛いフィードバックこそ、その中にヒントがあるのかもしれない。
 
それから、
信じて見守ってくれる存在の大きさも
今回、改めて感じることができた。
 

大きく方向転換してからの方が、
出張が増え、一緒にいられる時間は激減したのだが、文句を言われたことは一度もない。
 

画像3


合う、合わない
 
何に対しても言えることだけれど、
主観だけではなく、時には他人の目から見た自分を知る機会も大切だ。
 
 
そして、
合わない選択をしていた期間も、また、必要な経験だったのだとも感じている。だから、極論どっちでもいいのかもしれないけど、出来ればハッピーな選択をしたいな。

自分のためにも、大切な人のためにも。 

重ね重ねになるけれど、
良い悪いではなく、自分の状態を知っていることが大切なんだと思う。

 

裸の王様に、
『裸やん?』ってフィードバック、
なかなか出来ないけれど、
 
自分が知りたいと思えば、
いつだって『裸やん?』というフィードバックはもらえるはずなんだ。
 
だだし、受けとれるかどうかは別の話。受け取れる人でありたい。

画像4


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16
コーチ/ ビジネスコーチング / ファシリテーター/ 油絵画家/アート / ディレクション/ 寿司職人 ◎ https://www.catinco-pomme.work
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。