見出し画像

1歳を迎えました

先日、我が家の猫がようやく1歳を迎えた。
家に来た時点で8ヶ月経っていたのでほぼペットショップで過ごしていたことになるが、うちが引き取ってからいろいろあったので無事に1歳を迎えられて喜びもひとしおだ。ラグビーワールドカップ、日本対スコットランドの試合も重なり、弟夫婦も実家に顔を出したのでにぎやかな一日になった。

誕生日の特別ごはんとして妻が、いなばのぽんちゅ~る金のだし(まぐろと舌平目)を用意した。うちの猫はささみよりもまぐろやかつおの方が好みらしく、中でもいなばの商品は食いつきがいい。去勢手術後、一段と食欲が増していたこともありスペシャルなディナーを一心不乱に食べていた。

もうひとつ食いつきがいいものがある。ヨーグルトだ。
中でも小岩井のヨーグルトに目がない。最初に食べたのが小岩井だったせいなのか、ほかのメーカーのものはあまり反応が良くない。
試しに、ブルガリアと小岩井、恵、ビヒダスなど同時に並べてみたが、小岩井だけを食べる。

生乳100%というのがうちの猫にはあっているのかもしれない。あまりにもヨーグルトの食いがいいので、ペットショップで買わされたヤギミルクのパウダーは与えるのを止めた。

日本代表は見事勝利をおさめ、決勝トーナメント進出を決めた。
1歳を迎える日(※実際には0歳最後の日)が日本対スコットランドになるなんて。うちの猫(スコティッシュフォールド)は果たしてどっちを応援していたのだろうか?などと気にしているのは人間だけだろう。

試合中、人間たちがうるさ過ぎて二階へ避難してしまった。
しばらくは相手してもらえないと察したのだろう。
ホント、人間をよくわかっている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。励みになります!
3
Web制作に関わって15年、デザイン、コーディング、Frontend周りを広く浅く身につけ、現在はウェブディレクターとして活動中。バランス型で典型的な器用貧乏。テニスと北欧デザイン好きな団塊ジュニア。好きなテニスプレーヤーはNick Kyrgios。名古屋で嫁と猫と三人暮らし。