見出し画像

Design Project vol.02, vol.03

社内セミナーDesign Project vol.2, vol3 が開催されました。

社外の講師を招いてのセミナーの良い点は、会社の内情を知らないので、ズバズバと切り込んでくれるとこ。「売上のことしか言わない会社と、儲からなくても、自分たちのやりたいこと、楽しいことをやる会社、どちらがいいか?」、「前者の会社ではどんどん人が辞めていき、ダメになる」とか、笑いが起こる場面のはずが、笑いを噛み殺しているような雰囲気にっていました。

この日はテスラのイーロン・マスクを例に上げて、どんな戦略でテスラが市場を拡大していったかを、キャズム理論の図や”Value Proposition Canvas”で紐解きながら説明していただきました。イーロン・マスクが超絶すごいと言うのもありますが、明確なビジョンと計算し尽くされた戦略があっての結果だと言うのが分かりました。

午後のワークショップではVol2で行なったペルソナの設定、カスタマージャーニーマップを元に、Value Proposition Canvasを使って具体的なサービスを提案するグループワークを行いました。とにかくたくさんのアイデアを出すこと。今すぐできる事、予算を度外視して考えられるアイデアなど、なるべく振り幅を大きくして、出てきたものをチームで検討し、最後はストーリーボードに落とし込み、発表するというところまで。なかなか骨の折れる作業でした。

既に書籍などで得ていた情報はたくさんありましたが、"読むだけ"と"実際に手を動かして考える"などでは全く違います。やはり手を動かさないと自分のものにはならないです。
多少時間がかかっても今後の仕事の作業工程の中に無理やりにでもいれて行きたいと思います。

今回の社内セミナーはすぐに実務に役立てることもできて、みんなの満足度もたかそう。来月も楽しみです。

ただ、ストーリーボード用描いた絵の醜さに落胆。もう少し絵心が欲しい・・・


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んできただき、ありがとうございます。
1
Web制作に関わって15年、デザイン、コーディング、Frontend周りを広く浅く身につけ、現在はウェブディレクターとして活動中。バランス型で典型的な器用貧乏。テニスと北欧デザイン好きな団塊ジュニア。好きなテニスプレーヤーはNick Kyrgios。名古屋で嫁と猫と三人暮らし。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。