見出し画像

ドローンのロマン。欲しい欲がヤバイ

ドローン欲しい、ドローン欲しいと日々口癖のようにつぶやいていて、愛する嫁からは『早く買えばいいのに…。』という言質を取ることに成功したわけですが、なかなか踏ん切りが付きません。もちろん予算面もありますが、なんせ調べれば調べるほどトイドローンから本格的な商品まで様々なものがあり一体どれを買ったらいいのか日々YOUTUBEのレビューを見ながら頭を悩ませています。

GOPROを数台保有している僕としてはKarumaに期待していたのですが結局、プロジェクトは終了?してしまったようでタイミングを逃したというのもあります。(サポートは受けられるそうです。)

色々調べた結果、DJIがやっぱり強いというのを知り、狙うはMARVIC AIRかMARVIC PROかなというのが現時点の感想です。

YOUTUBEでも圧倒的に利用者も多く、評価も高いような気がします。当初は数千円のトイドローンから始めようとおもっていました。ところが結局いろいろな方の話を見てみるとトイドローンは最低限の飛行技術を要するということや、使っていると物足りなくなってグレードアップしたくなってくるということを考慮して結局MARVICシリーズ辺りが無難なのかなと思っています。10万円超えの商品になっちゃうのでやはり嫁にも応相談ですね(笑)

なぜドローンが欲しいのかという自己分析

空からの撮影にロマンがある。
飛行機そのものへのロマン。
新しい技術に触れてみたい。
自作の楽曲をのせてYOUTUBEに上げてみたい。
居住してる千葉は海も空も綺麗だし、飛行可能エリアが近い

結局、ロマン目的。それに10万円超えの投資か…。悪くないな。

購入に対して足踏みしてる理由

墜落事故して誰かに怪我などをさせてしまったら取り返しが付かない。
飽きたらもったいない。
未熟な操縦技術で海に落としそう。海風も不安。
ドローンで遊べる時間がそこまで確保できるのか不安。
新商品がすぐに出そうなので待ってみるのもアリかな?

まとめ

今回の記事はなんとも当たり障りない記事になりました。
ただ、ドローン購入後は引き続き記事をかいて共有していきたいと思いますので、どうか気長に待っていて下さい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
2020年で16年目の会社経営者、音楽活動(DJ)で二足の草鞋。二児の父、現在はPioneerDJ横浜LabDJインストラクターもさせて頂いております。tiktokは一発芸、YouTubeは趣味全開、インスタはmusic 、Twitterは世論、ここのnoteに本音を書いてます。