見出し画像

Webライターは覚えておきたい!Webライティングに必要な基本の文章力

今日で400字要約最終日〜!

これでもう、400字要約から解放されるはず...(弊社代表 新井に30day終わった宣言をしていないので、反応次第では続ける可能性も...)

初めてこのnoteを読む方に改めてご挨拶を。

この400字要約は私の文章力を上げるために弊社代表 新井

「大畑さんの文章力を上げるために、400字要約してみれば?」

の一言から始まったものです。詳細は下記の記事に載っていますのでご参照ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

改めて1dayの400字要約を見返すと、真面目に文章を縮めているだけの要約でどんな内容の記事かわからない...。それに、note自体の本文の書き方も堅苦しい。

400字要約はだいぶうまくまとめられるようになったものの、noteの冒頭文の書き方は、つい最近までずっと悩んでいました。

「そういえばうまい冒頭文の書き方はどんなのだろう?」

そんな疑問から、上手いと感じる冒頭文を暇なときに写経した結果、若干noteの文章が改善されました(そのはず...)。

1ヶ月間400字要約して得られた効果については、明日またnoteにまとめて発表したいと思います。

あと、先週くらいから読書ログを始めたので、よろしければこちらもどうぞ。400字要約よりおそらく有益です↓

前置きがだいぶ長くなりましたが、今日も400字要約に行っていまいりましょう!

【400字要約】
Webライティングの基本的な文章力について書かれた記事。

そもそもWebライティングとは、デバイスを用いてWebを通してユーザーに読まれることを前提とした文章の執筆である。SEOライティングとの違いは、ユーザーファーストであることだ。

読者にとって良い文章とは、シンプルでわかりやすく、ストレスが少ない文章。ライティングに慣れないうちは、「PREP法」と呼ばれる文章の雛形(P:要点 → R:理由 → E:具体例 → P:要点)を使うと良い。

Webライティングを行う上で気をつけるべきポイントは8つある。
1)最初に構成を考える
2)一文は40字以内にする
3)主語と述語の関係にねじれを起こさない
4)口語表現は文章表現に
5)同じ文末表現を続けない
6)てをにはを正しく表現する
7)適切に句読点を使う
8)無駄な接続詞がない

これらの内容を踏まえて、読者がストレスを抱えずに最後まで読める、良い文章を書こう。(399字)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもお読みいただきありがとうござます!サポート代はプロのライターになれるよう、日々の勉強に使わせていただきます!

嬉しいです❤️
4
ビジネスメディアの編集の仕事をしたり、福業で撮影のアシスタントをしたり...。日常の気づきをお伝えします!

こちらでもピックアップされています

気になる記事を400字要約にチャレンジします!
気になる記事を400字要約にチャレンジします!
  • 33本

要約力を身につけるべく、1日1記事、気になった記事を400字要約することを決めました。ご興味ある方はぜひ読んでみてください。また、もっといい要約の仕方がある!と思った方はぜひコメントにてご連絡いただければ幸いです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。