アトリエシリーズってどれから始めればいいの?という質問に対して個人的な意見を答える

ぶっちゃけ己の”息子”が一番反応した子を選べばいいと思うよ

…と投げやりな答えを返すのも不親切なので少し真面目に答えてみる。

答えるとか言っておいて何だけど、ここの記事読むのが一番手っ取り早い。マリーのアトリエからリディー&スールのアトリエまでの19作品の概要とプレイした感想が上手くまとめられている。
https://www.4gamer.net/games/423/G042360/20190106002/

この記事紹介すれば別に自分答える必要ないんじゃね?と思うがそれはそれでなんか悔しいので個人的な意見を書いてみる。

まず初めに、自分は全作品やった訳ではなく半分ほどしか触れてない(マリー、エリー、ユーディー、ヴィオラート、イリスGF、トトリ、アーシャ、シャリー、ソフィー、フィリス、リディー&スール、ライザ)ので、先述の記事ほど詳しい話は出来ないので悪しからず。また、キャラ云々よりもゲーム面を重視した話になるので悪しからず。

1. シリーズ未プレイの人へのオススメは?
エリー(PS1/PS2/PSアーカイブ)
トトリ(PS3/PSV/PS4/switch/steam)
ライザ(PS4/switch/steam)
 エリーは2作目にしてシリーズの基本(採取→調合→成長のループなど)の大半が完成している。その上システムがシンプルなため非常にとっつき易い。クリアだけの難易度なら低めだが隠しボスやアイテムの理論値を目指す等のやり込みを始めるとなかなか歯応えのある難易度になる間口の広さも魅力。ただし近年のRPG風な作品ではなくADVに近い作風であること、そして少女漫画チックな絵は人を選ぶかもしれない。
 トトリはみんな大好き岸田メル絵のアーランドシリーズ2作目。トトリちゃん13歳。近年のRPG風な作品の基本が完成している。こちらも調合システムは非常にシンプル(とはいえエリーに比べると様々なシステムやハクスラ的な要素が追加されておりやや複雑)、またノーマルエンドでのクリアだけならそこまで難しくない(※PSV版発売直後あたりに、キャラだけに釣られたゲーム下手なアニヲタがキャラにだけうつつを抜かし攻略を怠って期限切れbadエンド直行して難しいだの何だの騒いでた事もあったが、アレはアニヲタが悪いだけであってゲームには何の非もない)、しかし真エンドを目指したり裏ボス、DLCボスを倒そうとするとそれなりに歯応えがある。
個人的にはワールドマップに初めて出た時、右方向に入れっぱなしにしてみて欲しい。自分はその時衝撃が走った、感動した。この感動を分かる人はこのゲームハマる、多分。
 ライザのアトリエは2019年に発売したばかりのシリーズ最新作。太ももだけでトレンド入りを果たした女。システム的には初心者向けとは言えない部分も多いが、それと同時に昨今のゲームの傾向に合わせたブラッシュアップが随所に施されていて、非常に快適にゲームをプレイすることができる。今までありそうで無かったシステム、ファストトラベル等の便利機能、長年アトリエシリーズに触れていた人たちが感覚麻痺していた部分を大胆に変更削除etc…PV等でシステムを一新と大々的に宣伝していただけのことはある。そのため、シリーズ新規のプレイヤーは勿論のこと、シリーズ経験者でも新鮮な気持ちでプレイすることができた。ストーリー序盤のギスギス感はアトリエにあるまじき重さだとは思うけど人が死んでないのでセーフ(?)

2.逆にいきなりやるのはやめとけって作品は?
 イリス3作品(PS2)
    旧ロロナ(PS3)
 リディー&スール(PS4/switch/steam)
イリスは単純にジャンルが違う。完全に普通のRPG。普通のRPGにアトリエ風なアイテム調合システムがあるようなもの。この辺の作品が後にアルトネリコとかに受け継がれたのかなと思う。
旧ロロナは話に聞いただけだからよく知らんけど粗とバグが多いらしい。ロロナやりたい場合は新ロロナの方をやろう。
リディースールはとにかく禿げる…(※個人の意見です)そこかしこに潜む妖怪1足りないとの終わりなき戦いに身も心も荒んでいく…(※個人の意見です)ここから更に品質維持して特性揃えて従属吟味するとか胃に穴が開きそう……(※あくまで、個人の意見です)
…というのはストーリーさっさと進めれば良いのに無理して強いアイテム作ろうとするから勝手に自滅してる自分が悪いだけなので別として、シリーズ屈指の調合時の情報量の多さと前作フィリス、前々作ソフィーを知らないと理解できないキャラ同士の絡みやネタの多さからいきなりこの作品だけ勧めるのは厳しい。でもスーちゃん可愛い。スーちゃんで捗りたい。

3.上記以外で個人的なオススメは?
 ヴィオラート(PS2/PSP)
 フィリス(PS4/steam)
単純に自分の好みにぶっ刺さった2作。ヴィオラートはアイテム調合といったアトリエ要素、ダンジョン探索や戦闘といったRPG要素、そしてお店を経営し村を発展させるシミュレーション(?)要素、個々で見るとどれもあと一歩物足りないものだが、これらが見事に噛み合い面白さを何倍にも引き立てている。いや本当に、自分の語彙力が無いのもあるけどそうとしか表現できない。あと曲がいい、「にんじん村一番娘」を初めて聴いた時は鳥肌が立った。
フィリスはとにかく広いフィールドを自由に探索できるのが楽しい。FF12とかゼノブレイドとか好きな人は絶対に楽しめる。その上で特定の時間帯にのみ現れるボスがいたり、そのボスが稀に落とす強力な特性があったりとハクスラ要素まで兼ね備えている。それでいて調合システムが非常に面白い。わかりやすく言うとロックマンエグゼのナビカス。しかしただパズルをするだけでなく欲しい効果や特性を吟味したり、欲しいアイテムのために材料から作ったり採ってきたりといったアトリエ要素が混ざることでより面白く、より奥深くなっている。すごくどうでもいいけど、とあるキャラ最初見た時この子が今作の親友エンド枠かなと思って凄い期待したんだけど全然そんなこと無かった、かなしい。

4.番外編、メモ、諸々
サントラ代わりとして持ち歩くならアーシャplus。恒例の無料DLC音楽パックにシリーズメイン作品のBGMだけでなく何故かアンノウンオリジン等のアレンジCD、フォルクストリート等のボーカルアレンジCD、イリス作品の予約特典(?)とかアレンジ版、アーランドのドラマCDまで入っている。そしてアトリエ以前のガスト作品の曲まで収録されている。なんだこの無駄な豪華さは。これらのサントラを真面目に現物揃えようとしたら4~5万円で済めばいいものが、なんと無料で聴ける。ありがとうガストさん……このBGMパックのおかげでサントラ何枚も買いました……


5.終わりに
上記はあくまで個人の意見です。参考程度にどうぞ。どの作品をやるかは己の頭、信念および”息子”とよく話し合って決めてください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
読みは「ルシャ」です。Twitterで書ききれない(というか長くて面倒くさい)ものや衝動的に書きたくなった長文や駄文はこちらに投稿する予定