見出し画像

宇宙旅行🚀と家庭菜園🥕

今朝、有名な実業家が民間の日本人として初めて私費で宇宙旅行をし、国際宇宙ステーションに到着した、というニュースを見ました🚀

前澤氏ISS到着

小学生の頃は、天文少年だった僕🪐
星座や宇宙についての本を、大人向けのものも含めて読みあさり、星座早見表を手に夜空を眺めていた。夏休みの自由研究では部分日食を観測し、お年玉を貯めて天体望遠鏡も買った🔭
ちょうど、宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999、ガンダムなどのTVアニメや、スターウォーズ、E.T.などの映画が、子どもたちの心を掴んでいた時代。
将来の夢は、天文学者になることでした。

画像1

その後、数学につまずいたことを発端に数多の紆余曲折を経て、どういうわけか今では福祉の仕事に就き、家庭菜園なんぞに現を抜かしている…😅

それでも時々、あの頃より星が少なくなった夜空を見上げては、果てしない宇宙に思いをはせることもあります。
例えば今宵の西の空。なんと月🌙、木星🌕、土星🪐、金星🌟が大集合してるじゃんか❗ 帰り道にひとり、そんなことに気づいて興奮したりする。

画像3

※正直にいうと、真ん中の暗めの星だけは、帰宅後に国立天文台のウェブサイト(下図)を見て土星だと知りました😓
(位置的に、みなみのうお座の一等星フォーマルハウトかな、と思ってた)

12.9今日の惑星(国立天文台)

そんな僕は子どもの頃、自分が年を取って死ぬまでにはギリギリ、僕でも宇宙旅行ができる時代になってるに違いない、と信じていました。

なので、宇宙飛行士ではない彼が、観光としての宇宙旅行という少年のような夢🌈を果たしたことは、シンプルにすごいな、羨ましいなと感じます。
自腹の旅行費用は、同伴したアシスタントの分を含めて100億円だとか。どうやら僕には死ぬまで宇宙旅行は無理なようです…😭

彼のことはこれまで、お年玉と称して100万円を大勢の人にばらまくような「成金」のイメージ💸💸しかなかったし、100億円💸💸の宇宙旅行なんて大富豪の特権以外の何物でもない。この高コストな物見遊山に、いったいどれだけの天然資源を費やしているんだろう💸💸とも思う。
それでも、何だろなあ、今回のことに限っては嫌~な感じがあんまりしないんですよね、僕には。なぜだろう❓
今日の昼間、例によって、ひとりで畑仕事をしながら思索してみました🤔

まずは、彼が何の損得勘定もない(そう信じたい)夢に向かって、多大な出費や努力を捧げ、それを実現したこと。そのあきれるような潔さへの、畏敬の念。素直におめでとうと言いたいです🎊
人生をかけて損得抜きでスポーツに取り組み、栄冠🥇を勝ち取ったアスリートの姿に感動するのと、ちょっと似てるかな。
(資産2,000億円の彼にとっては、たいした出費じゃないかもしれないけど)

それに宇宙旅行って、物欲を満たす「モノ消費」とは異なる、究極の「コト消費」ですよね。あまり物欲がなく「コト消費」が好きな僕には、高級ジュエリー💎とか高級外車🚗とかプライベートジェット🛫を買ったとかいう話よりも、親近感がわきます。
僕がハマっている家庭菜園という趣味とも、通じるものがあると言えなくもない。野菜を収穫すれば物欲を満たせるけど、それだけならば野菜を買えばよい。家庭菜園はまさに「コト消費」なんです。
そこに何か共感するのかもしれないな。

畑作業をしながら冬晴れの空を見上げて、いま彼はあの大空の彼方にいるんだな、それに比べて僕はといえば地べたにへばりついて、野菜についた虫や雑草を取っている。しょぼ過ぎる~とは思ったけど😂

画像5

⇑今日の畑にて、採りたての根菜たちを写す。背後には冬晴れの空

さらには、彼がいま宇宙空間にいて感じているだろうことは、きっと僕が日々畑にいて感じていることにも通じるはず、と思えるんです。

地球🌏から太陽までの距離は1億5,000万km🌞 太陽以外で最も近い恒星までが4.2光年(光の速さで4.2年の距離。40兆km)🌟 天の川銀河の中心までは2.6万光年で、お隣の銀河である大マゼラン雲までは15.8万光年🌌
地球は46億年前に誕生し、今から50億年後には膨張する太陽に飲み込まれる運命にある。
僕たち人間のサイズや寿命、その歴史と比べて、宇宙の時空の途方もない遠大さといったら…。

一方で目線を下げて、畑の土中にいる微生物たちに目を向けると(見えないけど)、カビなど菌類の大きさが10μm(0.01mm)前後、細菌類だと0.5~数μmぐらい。ウイルスに至っては0.1μmぐらいと、さらに小さくなる。
以前の投稿(こちら)でも書いたように、その数は膨大で、細菌でいうと土1gに億単位の個体がウヨウヨ生きているそうな😲
人間のサイズや人口と比べて、微生物は途方もなく小さく、膨大ですね。

僕には、この超マクロな世界と超ミクロな世界とが、いずれも同じ途方もなき宇宙の一部だと感じるんです。
そう、宇宙旅行なんて行かなくても、畑にいれば自然を、宇宙を感じられるんだよーっと。…ちょっとコジツケや負け惜しみが入ってるかもしれんな😓

そんなことをあれこれ考えつつ、今日も暖かい小春日和のなか、最盛期を迎えた秋冬野菜たちをたっぷりと収穫しました~🥰

画像6

⇑本日の収穫: ニンジン、ダイコン、カブ、ハクサイ、チンゲンサイ、ターサイ、ミズナ、レタス、ホウレンソウ、スイスチャード

でへへ、満足ぅ😄 僕ぁ天にも昇る気分だよ😍
ル~ララ~宇宙の風に乗る~🎵
(※畑で突然スピッツを歌い出す、怪しいオヤジ)


🍅宣伝:はたすけっとAICHI(ケータの個人事業・副業です)🍅



この記事が参加している募集

SDGsへの向き合い方

わたしの野菜づくり

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!