クリスタル・フラーレン
220501_組織内の女性の傾向を観察してみて
見出し画像

220501_組織内の女性の傾向を観察してみて

クリスタル・フラーレン

今や企業内には沢山の女性が活躍するようになりましたが。

それでも日本では役員になっている女性の数は少ないと言われています。海外では女性首相も登場してきていますよね(これについては本当に肉体は女性なのか?という疑惑も出ていますが・・・)。

全部の組織内の女性を見ているわけではないので一概に〇〇であると断定することが出来ないのですが、女性ってのはその場を安定させていることに重きを置いてような感じを見受けられます。本能的なものに近い性質なんですかね。まあ、そう考えると新規分野に進出するとか、新しいことをやり始めるとかそういうプロジェクトチームにはやはり男性が向いているように思います。

例えば、役員全員を女性にするとその会社はどうなるか?というと男性的な新規開拓するという部分が活性化している女性役員なら新しいことにトライするのでしょうが、そうではない場合はひたすら守りに入ることが多くなるような氣がしますね。

なので役員の女性の比率を多くしろ、とかいう意見はちょっとどうなのか?と思ってしまいます。やはり適した場所で女性の比率を多くするのがいいと思いますので何でもかんでも女性の比率を多くしろって話は【あんた何も考えてないやろ】と思ってしまいます。

女性がその場を安定させる傾向にあるということを見ればやはり管理系の仕事が向いているのでしょうね。じゃー営業みたいにイケイケ過ぎるところに女性を置くとどうなるか?と言うと、行き過ぎたイケイケ男性スタッフを抑えるみたいな役割になっていくんじゃなかろうかと思います。イケイケ過ぎて氣が付いたら崖から落ちているってのはよくあることなので。

何事もよくバランスを考えて配置するってのが大事ですね。

画像1

クリスタル・フラーレン

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
クリスタル・フラーレン
雨降ると湿度が凄いよね。