ねっこ

まだまだ未熟な学生。感じたこと、考えたことをつらつら書きます。 好きなものは、BUMP OF CHICKEN、本、紙、インク、空、海、森、言葉、文字、文章、女の子、人、心理など。
  • 心の中の、暗い、醜い、汚い、と思う部分をさらけ出したノートです。普段は、できるだけひた隠しにする部分ですが、脳のキャパシ

小説「全知全能な死にたがりと全知全能になりたい馬鹿な人」part1

退屈。それこそが死に至る病だと思う。 授業を抜け出して、こっそり忍び込んだ屋上で俺は空を見上げた。 明るい青空だ。命を葬るには、絶好な天気だった。雲一つない澄んだ...

(no name)

あーあ。生きるのって面倒くさい。 なんて面倒くさいんだろう。 いっそのこと、この綺麗な透き通った夕空の中に溶けてしまえればいいのに。 どうして、人の世はこんな単...

私と母と「家族」 -連鎖-

私が物心ついたときには、いつも母は不機嫌そうだった。 疲れていて、イライラしていて、家の中では物や人に当たり散らすような人だった。特に、怒った時はすぐ態度に出る...

生きる「権利」がない

例えば、相手が仕事で疲れていて寝ていたとする。起きた頃には23時。相手は明日も仕事だ。 相手は、夕飯の片付けも洗濯も終わってない状態を見て、私に言う。 「何もやって...

大嫌いになった、大好きなこと。そしてまた、すきになること。

ふと、デッサンがしたくなった。 百均で買ったスケッチブックと、小学校の書道の時間に使っていた4Bの鉛筆を手に、高校美術の授業でやった記憶を頼りにして、まずは手近に...

蓋をした過去を取り出して

もし、人間が本を消化できる生き物だったら、私は読んでいたその本を食べていたと思う。それくらい、山田ズーニー著『理解という名の愛がほしい。』(河出書房新社)に書か...