シンクロニシティ!光の人☆覚めの道! 共時性の不思議の巻
見出し画像

シンクロニシティ!光の人☆覚めの道! 共時性の不思議の巻

開運天使

霊能者も宗教も解決できなかった問題を
解決してくれたのは
従妹の親友の専業主婦でヒーラーの真理さんでした。
私は神も霊も感じない税理士でムー民だ。
※ムー民とは、雑誌ムーの読者で
人に自慢して言える話ではない(笑)

福山雅治もムー民なのが自慢だ。
UFO映像、ユーマ写真に胸が躍り、
心霊写真に恐怖する。

「神様はいます」と言われても
見えも感じもしないと
今一つ信じられない。
神様映像は、ムーにはない。
そんな方には、神仏は2つを用意している。

①神仏の言葉・・・聖書、仏典等、巫女の神託
②共時性、シンクロニシティ

※聖書仏典等の中のイエスやブッタの生の言葉を
特に、キリスト教徒、仏教徒は大切にするらしい。

神託を受け取ること
つまり、神仏の聲(ことば)を伝える通訳者の様な方を
巫女として遣わせるのだと思う。

大半は、女性か、女性の魂を持っている方、
美輪さんのような方だ。
古代、神社の主役は、巫女であり、神主ではない。

荒々しい男性性では波動的に神託はそもそも無理で
本物かの真贋もそこにあると思う。

もしくは、神仏は、共時性、シンクロで我々に報せる。
ここを、受け取れるかは感性だ。

太陽と月の見かけの大きさは同じだ。
よって、日蝕と月食が起こる。
直径は、太陽は、月の400倍、体積は、650万倍
にも拘わらずだ。
「この偶然は、神仏の所作だ」
と感じるだろうか?

先日も、こんなことがあった。
人生最大の危機の9月、東京大神宮で
1/2500の確率で、同じお神籤を引いた。
28番のお神籤だった。

その「やり過ごすと悪し」の神託に従い乗り切った。
後日、真理さんのセッションを受けた方三人から
「28番のお神籤を偶然引きました」
と連絡を受けた。

その内、2人は、ご夫婦でひいたお御籤が
2つとも28番で、同じだったとの連絡。
1/2500の確率だ。
※お神籤の種類は50あると宮司さんが教えてくれた。
1/50×1/50で、1/2500の確率なのだ。

この偶然に、人智をを超える者を感じ取ったのだ。

人生最大の危機に、祈った菩提寺の観音様。
観音経を読み持ち歩いた。
真理さん達の、奈良京都の神社参拝に同行し
感動した観音様は、わが家の菩提寺の総本山だった。
長谷寺だ。

真言宗豊山派。これも偶然なのだ。
真理さん達は、私の菩提寺を知らない。

また、何度となく神託を送ってくる崇徳院様も
長谷寺と深い関係があったと知り驚いた。

人生最大の危機に、箱根の九頭龍様にも祈った。
ある朝、私のオフイスの神棚を眺め
「そういえば、真理さんが九頭龍の御札を
 眼の位置に祀ってと言ってきたな」
などと、お札を眺めながら、思いにふけっていると、
関与先の千葉の医師の奥様から、電話。
「今、箱根の九頭龍神社の前にいます」
だったのだ。
思わず、「今、九頭龍の御札を見ていたところです。」
と共時性を不思議喜び合った。

こんなうれしい知らせも貰った。
真理さんのセッションを受けた
女性からの報告、10年前結婚の際
義理の母からご自身のダイヤの指輪を頂いた。

それを御主人が義母にむげに返してしまい
義理の母との関係性が微妙になり、
申し訳ないことをしたと心の澱になっていて、
わだかまりのあるまま、遠くで暮らしている。

神託で義母に謝ると良いと神仏からおり
謝ろうとしていたら
義理の母のほうから、何の前触れなしに
指輪のダイヤでネックレスを作り
たいと連絡があった。と

10年のわだかまりも、謝罪もできたのだ。

共時性とは、神仏からのギフト、アハ体験に
他ならない。
嬉しくなるのだ。

神仏のご加護を皆に体験してもらいたい。
視えも聞こえもしない私の様な人には
神仏を確信し、感謝で生きさえすれば
共時性で存在を知らせてくれる。

神仏は近くにいらっしゃって、護っていらしゃる。
そう確信すればよいのだ。

講釈を垂れる自分は、三峰神社に
お礼参りにいっていない。先日も自然に
口からでてしまう。
「まだ、お礼参りに行っていない。しょうがない
行かなければ」

あんなに助けてもらったのに・・・・・

「この罰当たりの、薄情者で、恩知らずが」と
神様から聞こえてきそうだ。

「困った時の神頼み」なのだ。
この感性が、ダメなのだ。
「反省」
反省猿以下だ。自省(´;ω;`)ウゥゥ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光栄です('▽')
開運天使
1999年7の月に世界は滅亡すると本気で考えていて…数々の宗教遍歴を重ねても神の確信を得られることはなかった。税理士として、働きづめの日々。50半ばを越えた時突如、怪異体験が連日連夜続く。救ってくれたのは霊能者でも宗教団体でもなく…。