開運天使

1999年7の月に世界は滅亡すると本気で考えていて…数々の宗教遍歴を重ねても神の確信を得られることはなかった。税理士として、働きづめの日々。50半ばを越えた時突如、怪異体験が連日連夜続く。救ってくれたのは霊能者でも宗教団体でもなく…。