見出し画像

エッセイ④ まだまだ続く不安感。それでなぜか日本のミニマリスト動画にハマった。

☆写真はピアサポートのミーティングルームから見える公園。

まだ不安感が強い。なにもかもが不安で、なにもかもが心配だ。それは私のメンタル疾患の症状で、ドクターと薬の調整をしているが、なかなか上手くいかない。結局、嫌いなリチウムという薬をまた飲み始めることになってしまった。しかし、それもなかなか効いてこない。短いカルガリーの夏を全然楽しめなくて辛い。

小説は書いている。私の不安感がそれを書かせる。あと少しで、久しぶりの長編が完成する。400字詰め原稿用紙で、200枚ちょっとになりそう。自分では、いいんだかなんなんだかサッパリ分からない。まだまだ長編を書く練習が必要だ。今はまだ練習だ、と思ってあまり深刻に悩まないように心掛けている。書き上げることが大事。

そんな時、なぜか日本のミニマリストのYouTube 動画にハマった。日本のミニマリストのことは、カナダでも知られている。ミニマルに生きることがこっちでもトレンドみたいになってるらしい。

私は、なにかしないと不安でたまらなくなるので、物を捨て、掃除を始めた。中くらいの大きさのゴミ袋に、少なくとも30から40袋捨てた。

8月20から始めて、昨日で大体終わった。あとは古いテレビや水槽など、大きなゴミを、捨てる場所まで運ぶだけだ。一人では持ち上がらないので、今週のうちに友人が手伝いに来てくれることになっている。
 
私の住んでいる所はコンドミニアムで、都合のいいことに、近くに埋立地があるから、日本と違ってゴミを分別しなくていい。住んでいる場所に巨大なゴミ箱があって、小さめの家具くらいならそこに捨てても構わない。だから思いっ切り捨てた。収納家具や、テレビ台、木のベンチなどを捨てた。

捨てた収納家具やベンチは、コンドミニアムに住んでる人が、すぐに拾って行ってくれた。誰かが使ってくれるのはいいことだ。

物がかなり減って、家が広くなった。しかし、まだ不安感は続いている。こんなに馬鹿みたいに頑張って働いたのに、自分を褒めてあげることができない。

なにかしていないと不安だから、今度はいつもあまりしない料理をしてみようと思っている。だから、なんだかんだ言って、私の不安感は死ぬほど辛いけど、生活の役に立っている。偶然だけど。

秋は我々にとって、とてもヤバい時期だ。カルガリーの双極性障害サポートグループに行くと、いつもより倍くらいの人数が集まる。先週は15人も来た。私もできるだけ参加するようにしている。行くと必ずいいアドバイスが受けられる。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

28
小説書き。生きづらかった日本を脱出して単身カナダへ。恵まれた自然の中でプロを目指して執筆中! 書いた作品は80作以上。短編はマガジンにまとめました。長編はこちらから⇒ https://ehappy888175296.wordpress.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。