見出し画像

エッセイ 私の小説の書き方㊼ 初めての連載小説が終わったぞ! やってよかったこと。

☆写真はカルガリーの街角

連載小説『生まれつき機嫌が悪い』は、最終的に400字詰め原稿用紙96枚。30,200字になった。これを丁度一週間で書いた。長い間、長編を書けない悩みがあって、この字数だとまだ短編の域にあるけど、前よりはずっといい。連載をしようと思った理由は二つある。

一つ目は、山田スイッチさんが、最近連載されていて、毎週作品を投稿することが御自分へのチャレンジである、と伺ったこと。私もチャレンジをしたくなった。

もう一つは、こみこ みこさんの作品を読んだこと。長編の良さを久し振りに味わって、自分も書きたくなった。この作品は私は、主人公の少年が大好きになった。どっぷり感情移入してしまった。

どこで読んだか忘れたが、長編小説とは読者と共に長い時間を共有することである、と。確かにその通り。まだ短編だけど、今まで書いてたショートショートより、時間の流れる感覚はある。ここ2年くらいずっと長編(少なくとも75,000字)を書いていて、それができなくなったもの最近だった。今回連載ができたことは大きい。とても嬉しいし、影響を与えてくれた御二人に感謝したい。

この調子でまた書きます。400字詰め原稿用紙50枚から100枚までという短編の文学賞があるので、それにはまるのを書いていきます。そこは純文学だから、また純文学の意味についても考えたい。

それで、私って今まで頑固に「描写」を拒んでたんだけど、それも考え直そうと。これまでは、登場人物がなにを着てようと、雨が降ろうと、なにを食べようと、全然知ったこっちゃなかったけど、描写と心理描写が絡むようなのもやってみたい。それから、サスペンス要素を入れたのもできそうな気がする。今回の登場人物が週刊誌に追われてる場面、書いてて楽しかった。

これも、山田スイッチさんに伺ったのだが、小説は連載してもPVが落ちないと。ほんとかな? と思って見ていたら、面白い所に結果が出た。私のブログ(FC2)が、ブログ村の「恋愛小説(純愛)」部門、998サイト中で、OUTポイント(ブログ村サイトから私のブログに来るポイント)が5位に上がった。それはビックリだったけど、9回連載すれば9回人の目に触れるわけだから、それも当然かと。私のは一週間の連載だったから、もっと長かったらどうかは分からない。

私のFC2のサイト。結構可愛い

今のブログ村は、私が5位になるくらいだから、敷居は低い。ブログ持ってる人はやってみてもいいかと。自信つくし。noteがブログ村に登録できるかは知らない。WordPressはできると聞いた。ちなみに私のブログに入って来る人は、ほとんどブログ村を経由している。それからついでに言えば、カテゴリーを選ぶ時は、参加者数を見るといい。私はサイト数が多くて活気のあるのが好き。純文学とかは人数が少ないから、逆に面白いかも知れない。

上手く説明できないし、なんでだかもよく分からないけど、連載するとアドレナリン全開になる。次回はどうなるんだろうとか、自分でワクワクする。今度のは結末はなんとなく分かってたけど、プロットはなかった。こういう風にちゃんと書けるとは全然思ってなかった。まだまだ練習だな。去年のGA文庫大賞の評価が先週来たけど、私自身の評価と全く一致していて笑った。まだまだ良くなる。私の小説。

長いことやってて、大きな声では言えないけど、私のnote記事が初めて、スキ30を超えた。それは小説『妖精を信じる男』。みんなありがとう! 今はああいう幻想的なのは書いてないけど、また書けたらいいな。女性主人公だと、どうしても私のことになって、昔のことばかり思い出すから嫌になる。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22
小説書き。生きづらかった日本を脱出して単身カナダへ。恵まれた自然の中でプロを目指して執筆中! 書いた作品は80作以上。短編はマガジンにまとめました。長編はこちらから⇒ https://ehappy888175296.wordpress.com/