見出し画像

エッセイ 私の小説の書き方56 note住人達の横繋がり。ムラサキ氏のアンソロジーに参加しました。

☆写真は私が種から育てた西洋オダマキ。涼しい色。

私の小説を、なんとかもっと色んな方々に読んでもらいたい! という欲求が深まっていた丁度その時、このアンソロジー(作品集)のことを知りました。

下の記事は、先月のテーマだった、『ねむり』に集まった25作のnote達です。

主催のムラサキ氏は『ユリイカ』などで作品を発表されている、詩人、作家です。noteの住人であり、noteの御自身のページに、他のユーザーさんからテーマに沿った作品を集め、毎月マガジンとして発表されています。

私は、ムラサキさん御自身の詩や小説、また、ここに集まる他の方の作品にも、全然違和感を感じなかったので、即、参加を決めました。過去にあったテーマも皆、そそるものがあります。『円盤』『パリン』『あける』『渦』など。

眠れぬ夜の奇妙なアンソロジーはノートユーザー様の作品を一つのテーマでマガジンに綴る企画です。自薦他薦問いません。過去作でも構いません。何方でもお気軽にご参加下さい。(ムラサキさんの記事より引用させていただきました)

締め切りは毎月末だそうです。

今月、七月末に締め切りになるテーマは、『炭酸水』です。私はこのテーマが凄く気に入ってしまい、早々と2000字の短編小説にして投稿しました。タイトルは、『そこまで寂しいわけじゃないし』です。純真な青年の恋心を描いたBLです。無事、マガジンに載せていただきました。とても嬉しいです! 誰か読んでくれるかな?

これからも、テーマに沿った作品を毎月投稿しようと思っております。それで一つでも作品が増えるのもいいことですよね。久し振りに日本語で小説を書いて、とても感慨深く、また楽しかったです。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20
小説書き。生きづらかった日本を脱出して単身カナダへ。恵まれた自然の中でプロを目指して執筆中! 書いた作品は70作以上。短編はマガジンにまとめました。長編はこちらから⇒ https://ehappy888175296.wordpress.com/

コメント1件

千本松さん、今晩は!ご紹介ありがとうございます。
本企画には過去作を掘り起こしたい方、自身の宣伝をしたい方、なんとなくの方、参加者同士の交流を楽しみたい方、と様々な方が様々なスタンスで参加されております。どのようなスタンスでも参加して貰えると私は嬉しいです!(誤解されますが本当です。)
時にヘンテコな題材に決まり、創作に苦しみますが、終わってみれば良い思い出です。
私は作品を通じてクリエイター様の人間性に触れられる事が何より楽しいですね。是非、今後も作品をお寄せ下さい!宜しくお願い致します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。