見出し画像

エッセイ 私の小説の書き方54 私は普通のOLと、主婦と、女子大生を知らない。だから書いてみたくなった。

☆写真はまだまだ冬のカルガリー。

noteやらで他の人の小説を読んでいると、必ず普通のOLや、主婦や、女子大生が出て来る。だから私も書いてみたくなって、今、普通のOLが出て来る短編を書いている。

こないだ、三浦しをんの、普通のOLが主人公の小説を読んだ。私は食べることに興味がないのに、最初から最後まで弁当がどうしたの、ランチやらディナーやらの話しばかり出て来る。でもなぜかそういう普通の話しを書いてみたくなった。なんでかは知らない。頭のタガが外れているんだと思う。

その後、他の作家だが、やはり普通のOLとか女子大生が出て来るミステリーを読んだ。読んでる時は楽しくて、いい本だなと思ったけど、数日後に片付けようとしてその本を手に取ったら、ストーリーをまるで覚えていない。本の内容も、軽ければいいというわけでもないな。

私はファッションの学校に行ったので、就職した会社は美大を卒業した人ばかりで、普通の大学を出た人はいなかった。そしてそのままカナダに来ようと思って、お金を貯める目的で派遣をやるまで、普通のOLというものを知らなかった。

初めて普通のOLに会った時、私はあの人達がなにを考えているのかさっぱり分からなかった。あっちもそうだったと思う。いつも会社の悪口ばかり言って、辞めたい、辞めたいと、言っているから、「そんなに辞めたいなら、辞めればいいじゃないですか?」と言ったら、そういうことは言ってはいけなかったらしい。

男の社員も同じことで、辞めたいと言うから、じゃあ辞めればいいじゃないですか? と言ったら、その人には、今更他の会社で年下に使われるくらいなら、辞めない方がいいと言われた。

なんだか知らないけど、そういうのって、卑怯な生き方だな、と思った。流行っていることや、他の人のやることをマネして生きてるんだな、って思った。

それで金が貯まって、カナダに来たから、いまだに同世代の普通の主婦というものを知らない。日本で一番仲のいい同級生は子供はいるが、ずっと看護師で手術室にいる。こっちで知り合った日本人の既婚女性は、大手商社や航空会社やカナダ政府で働いている。

だから、普通のOLか、主婦か、女子大生の話しを書いてみたい。絶対面白い!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

27
小説書き。生きづらかった日本を脱出して単身カナダへ。恵まれた自然の中でプロを目指して執筆中! 書いた作品は70作以上。短編はマガジンにまとめました。長編はこちらから⇒ https://ehappy888175296.wordpress.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。