エッセイ 2019年8月より

13
記事

エッセイ㉘ 私のセラピストと私。

☆このメモは私がいつでも読めるように、サイフに入れておきなさいと言って彼女が書いてくれた...

エッセイ㉕ 自分で書いた小説が、ここまで馬鹿馬鹿しく気に入ってしまうこととは?

☆写真は本文とは全然関係ないけど友達の犬。ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー。女の子...

エッセイ㉔ 前回私がnoteにあんな馬鹿なことを書いたために、とんでもないことに……

☆写真はカルガリーの図書館。この鳥は電動で首が動く。 先日、小説で小金を稼ごう、とかいう...

エッセイ㉑ バイト探し in カナダ。全然見付からない。一体どうすればいいの?

☆来週火曜日の最高気温がマイナス31℃になるらしい。 私は、フランク・キャプラという監督...

エッセイ⑲ 新年。みんなにひとことありがとう!

☆写真は友達の犬。ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーという種類らしい。女の子。 こっ...

エッセイ⑮ 住野よる、という人の作品を読んだ。それから『一駅ぶんのおどろき』にチ...

☆写真はカルガリーのイベント会場の壁画。 みんなが書いてる、noteのショートショートの公募...

エッセイ⑭ 辛い、辛いと書いて同情を求めていると思われるのはいやなんだけど。

☆写真は砂時計が一つ一つ電動で回転するオブジェ。カルガリーのアート。 noteが書けない。書...

エッセイ⑧ 世の中には、「面白くない小説」というものがある。しかし、それが悪いと...

☆写真はカルガリーのイベントスペース、cSPACE。初雪の今日。 世の中には、面白くないけどい...

エッセイ⑦小説の書き方。なにが言いたいのかサッパリ分からない小説がある。

私もよくやってしまうのだが、書いている本人は知っているので、つい書くのを忘れてしまう事柄...

エッセイ⑥ 酷い不安感がおさまらない。これを小説のネタにすることくらいしか思いつ...

☆写真:カルガリーは寒いからメイプルのように赤く紅葉する木がない。みんな黄色い。まあ、そ...