エッセイ 私の小説の書き方 2019年

12
記事

エッセイ 私の小説の書き方61 講評をいただいたあとの私の小説の書き方。どう変わった...

☆写真は私のバルコニーから見えるカナディアンロッキー。やっと雪がなくなった。 長編を書き進めている。四百字詰原稿用紙100ページから150ペー...

エッセイ 私の小説の書き方60 講評を受けるタイミングと、プロを探す方法。

私は過去2年半ほどで、なんとアホみたいに約70編の小説を書き散らかした。最初の頃はバカみたいに2週間に一度長編を書いていた。 今はそういうマネ...

エッセイ 私の小説の書き方57 精神疾患と創造性。頭が変な時に書く小説。

☆写真は私のPCデスクから見えるカナダのプレイリー。 ここ10日余り、双極性障害の大爆発で、私は大層な不安感と鬱を経験している。ムンクの『叫び』...

エッセイ 私の小説の書き方㊽ 私は、村上春樹を読んだことがない。一ページも読めなか...

☆写真はカルガリーの街角。何屋なのかよく分からない。 カルガリーには日本語の本を売ってる店がないので、そもそも手に入れるのが難しい。日本に帰っ...

エッセイ 私の小説の書き方㊺ 人生初めての印税。¥900!!

投稿サイト、アルファポリスには「投稿インセンティブ」という制度があって、よく知らないけど、PV数によって印税のような物がいただける。 まあ、他の...

エッセイ 私の小説の書き方㊹ 「#小説」タグ検索でよく出て来る「しゃらくさい小説」

☆写真はカルガリーのダウンタウン。屋上にちっさなカナダ国旗が見える。 余計なお世話だけど、どうしても気になる、「しゃらくさい小説」。それはどん...

エッセイ 私の小説の書き方㊸ 官能小説の書き方。その目的とテクニックとは?

☆写真はカルガリーのダウンタウン 私が書きたいのは、人が字を見て、脳を経由せずに、直接性器に働きかける物。邪魔な文章を極限まで削る。オカズって...

エッセイ 私の小説の書き方㊷ 三月末の文学賞応募ラッシュ。でかい賞から狙おう!

☆写真はここカルガリーのダウンタウン。老舗デパートと古風な路面電車。 まだ投稿生活始めたばっかだけど、なんか面倒くさい。寒いし。今、マイナス2...

エッセイ 私の小説の書き方㊶ ゲイ小説を中断して男女の小説を書いているとなぜか、エ...

☆写真は昨夜のカルガリー。マイナス31度。体感温度マイナス42度。いい感じの冷え方。 あんなに幻想的で美しい男同士の恋愛小説を書いていたのに、男女...

エッセイ 私の小説の書き方㊵ ゲイ小説を書いてる私が人生初?の男女の恋愛小説に挑戦...

☆写真はまた行きたい能登の旅館。 三つ書いたんだけど、 『私の空白な人生』1400字 『凍ったウォッカ』1100字 『ポーズ』1900字 一番の問題は話しが...