私の小説の書き方 2019年~2020年

59

エッセイ㊻ 小説を書いててよかったなと思った瞬間。

小説『超純水みたいに』がヒットして、私はここがひとつのターニングポイントだな、と思った。このくらいの数字、なんとも感じない人だって、きっと大勢いる。でも普段の私の「ビュー」と比べて2桁違うんだから。まだ毎日少しずつ増えている。 前にも書いたけど、『超純水みたいに』は私の書きたいも…

エッセイ㊺ 買ってね!アンソロ同人誌『拝啓BLのかみさま』

 私を含む、全9名の、作家、イラストレーター、マンガ家の作品です。プロの方もいらっしゃるので、読みごたえは十分。 海外からも注目されている、今の日本のBLを代表するものになっているのではないかと思います。 BOOTHという通販会社を通しての販売。税込み500円プラス送料。   https://nek

エッセイ㊹私の不朽の名作エッセイ。どうしても気になる『しゃらくさい小説』

私が参加している、金井枢鳴氏率いるnoteの文学系サークル『極東文学戦線』。いつもお世話になっている同氏の「小説はおもしろさで人の役に立つものである」との発言に私が噛みついた。私は小説で人をおもしろがらせるつもりはない、ようなことを偉そうに書いていたら、この迷作エッセイを思い出した。…