私の小説の書き方 2019年~2020年

59

私の小説の書き方 2020年 ⑦ 『しゃらくさい小説』と『おもしろくない小説』ついて。私…

☆Painted by Calgary born painter Kaj Korvela 『しゃらくさい小説』についてはもう散々書いた。 今日は『面白くない小説』について書こうと思う。ついうっかりすると私でもやってしまう。「日常的なつまらない場面はプロットにならない」。これは私の創作の先生に教わったこと。 私の思う、「日…

私の小説の書き方 2020年 ⑥ 私の奇妙な文学賞応募の方法。金のかかるところへはまず出…

☆Painted by Calgary born painter Kaj Korvela 1.5 x 1.4 m. 金のかかる文学賞にはよっぽどのことがないと出さない。私が日本に住んでないという特殊な事情がある。よっぽどコンセプトがいい。審査員がいい。それでも枚数が多いと重くて金がもっとかかるので、出さないことがある。そもそも金を払っ…

私の小説の書き方 2020年 ⑤ 昨夜うっかり自分が2年前に書いた小説を読み始めたら止ま…

それくらい感動した。2年とか経って、改めて読むとえらい新鮮。よくできた話だ。ショスタコーヴィチを流しっぱなしにして読んでたら、彼と私の頭のイカレかたが同時進行になって、いい感じだった。読むのに2時間以上かかった。そしたら他のも読みたくなって、それを読み終わったら朝の4時だった。 …

私の小説の書き方 2020年 ④ なんと、私の小説『ゴーストのモンタージュ』に、ナレーシ…

ナレーションは、虹倉きりさん。そして作曲は、愛加さん。こういうコラボレーションは初めて。お二人の作品は、私の小説の、やや暗めのゴーストのイメージに合っていて、とても素敵です。いいチャンスでした。ありがとうございました。 小説の音読をしていただいたのは初めてでした。死んだ文章が、突…

私の小説の書き方 2020年 ③ 私が男同士の美しい恋愛小説しか書けないと思ったら大間違…

私の小説の書き方 2020年 ③ 長編が書けない。自分の書いた小説を59作読んでみた。そ…

☆写真は私の趣味のジュエリー創り。これはブレスレット。 長編、と言っても四百字詰め原稿用紙60枚くらいの予定なんだが、それが書けない。アイディアが浮かんでこない。なにもやることのないこの時期に書いてしまいたいのだが、上手くいかない。色々考えて、noteのマガジンに入っている自分の掌編…