私の小説の書き方 2019年~2020年

59

エッセイ 私の小説の書き方61 講評をいただいたあとの私の小説の書き方。どう変わった…

☆写真は私のバルコニーから見えるカナディアンロッキー。やっと雪がなくなった。 長編を書き進めている。四百字詰原稿用紙100ページから150ページを目指している。プロットを先にきっちり作りたかったのだが、どうしてもそれができなくて、ごく簡単なストーリーだけノート1枚に作って、いきな…

エッセイ 私の小説の書き方60 講評を受けるタイミングと、プロを探す方法。

私は過去2年半ほどで、なんとアホみたいに約70編の小説を書き散らかした。最初の頃はバカみたいに2週間に一度長編を書いていた。 今はそういうマネはできません。その頃はプロットも創ってませんし、今とは全く書き方も違っていたと思います。 一番違うのは、今は以前のように一気に書けないところ…

エッセイ 私の小説の書き方59 作品講評、質疑応答編。創作のプロに質問してみた結果。

創作教室をなさっている作家の川光俊哉さんに、私の掌編小説『そこまで寂しいわけじゃないし』の講評をしていただきました。 今回は、作品に関する、質疑応答の記録です。 (質問) 今一番アドバイスをお願いしたい点についてお話します。小説で生計を立てるのが目標ですが、このまま量産だけしている…

エッセイ 私の小説の書き方58 思い切ってプロの方に、私の小説の講評をお願いした結果…

最近、人の作品を読んで、ああ、こうすればいいんだけどな、という残念な部分がとてもよく分かるようになってきました。しかし、自分の小説は、いいんだかなんなんだか、さっぱり見当がつきません。似たような作品を、量産ばっかりしているような気がして不安に陥り、思い余って、私が以前からnoteで作…

エッセイ 私の小説の書き方57 精神疾患と創造性。頭が変な時に書く小説。

☆写真は私のPCデスクから見えるカナダのプレイリー。 ここ10日余り、双極性障害の大爆発で、私は大層な不安感と鬱を経験している。ムンクの『叫び』状態。それでも短編を一つ書いた。面白い結果になった。頭のおかしさがマジで作品に響いている。 主人公、誠は鬱で高校を中退。街をうろつくように…