私の小説の書き方 2019年~2020年

59

エッセイ 私の小説の書き方52 英語で書こうと言ったら、それは人の勝手だろうと言われ…

昨日、カナダ人の友人に日本語を教えに行った。今、私はブログでみんなに英語で書こう、って言ってるんだよという話をした。そしたら彼はそれがなぜか分からない、と言う。 私はもし、16才の可愛いアイドルが英語で歌ったら、Viewが5桁上がると言った。そしたら彼は、でもその子が日本にいて日本語で…

エッセイ 私の小説の書き方51 若者よ、英語で書こう! 英語で歌おう!

英語で小説書くとか、歌詞を書くとかしようと思うと、「文学」ってなんだろう? という疑問に行き着く。 私ん家、TVないし、一年に一回友達の家で紅白観てると、わーこの子可愛いし、いい足してんのに、これで英語で歌ったら、あと5,6桁PVが増えるよな、って思う。 言いたいことあるから、書いて…

エッセイ 私の小説の書き方㊿ BL小説を書いて、おたくファンを掴むには?

☆写真は埃っぽい春先のカルガリー 実は私は「おたく」だったことがない。しかし昔、友達がアーティストの、あがた森魚さんのファンをやっていて、周りに群がる彼等の生態を間近で観察することができた。彼のファンは、稲垣足穂、宮沢賢治、手塚治虫等のファンと重なるところがあり、私はその誰にも興…

エッセイ 私の小説の書き方㊾ 馬鹿馬鹿しく単純な作戦を思い付いた。作家になる方法。

☆写真はカルガリー・フィルハーモニック・オーケストラのポスター ここんとこ、YouTubeその他で創作講座をよく観ていて、本当にためになっている。何度か御紹介した、作家の鈴木輝一郎先生には本当にお世話になっております。一方的ですが感謝申し上げます。 それでまあ、あれからも小説の書き方を…

エッセイ カルガリーで双極性障害55 鬱陶しいうつ二週目。小説の書き方。ピアサポート…

☆私の歯医者の目の前にある飛行機。 水曜日に、我々のピアサポートOBADのミーティングに行った。水曜はカジュアルなので、カフェでみんなで適当に喋る。私はうつなので、最初はずっと黙っていた。 ミーティングの前に、私とラングエイジエクスチェンジしている彼と会って、彼に日本語を教え、私のふ…