見出し画像

iPhone写真編集〜素晴らしい15の機能〜

ご覧いただきありがとうございます。
@343labです。

今回は写真の編集、機能編です。

写真編集の機能について説明していきます。

1.自動補正

自動のアイコンを押すだけで簡単補正できる編集方法。

写真を鮮やかにしてくれます。
言葉で表すと「写真をいい感じ」にしてくれます。

2.「露出」

写真の明るさ調整の事。

写真をかじった事があれば聞いたことのある単語
「露出オーバー:ハイキー」
「露出アンダー:ローキー」
等の写真用語があります。

露出オーバーは明るめの写真、露出アンダーは暗めの写真となり。

ちょうど良い露出の状態を「適性露出」といいます。

雰囲気を出す為にわざとローキーな写真を撮ったりなどします。
iPhoneの画面上ではカーソルを右に持っていけば露出をオーバー方向に、カーソルを左に持っていけば露出をアンダー方向に編集する事ができます。

3.「ブリリアンス」

ブリリアンスは、部分的に暗い場所の明るさを整える場合に使用します。

ブリリアントグリーンを思い出します。
ジュテムジュテム…

4.「ハイライト

写真の中の「明るい部分」の明るさを調整するハイライト機能
明るすぎて、色が飛んだりしている部分を調整します。

外野手の今のプレーをハイライトで見てみましょう。
のハイライトではないので注意が必要です。

5.「シャドウ」

こちらは先ほどのハイライトと違い、暗いところの明るさのバランスを調整してくれます。
暗すぎて輪郭がはっきりしないなぁ…なんて時に使うのがオススメです。

6.「コントラスト」
明るい部分と暗い部分の明暗差を調整できる機能です。

僕が一番使う機能はこのコントラスト。
この機能を多様する方は人生で明るい時代と暗い時代がはっきりしているせいかもしれません。

7.「明るさ」
今まで紹介したハイライトやシャドウ・コントラストと違い、写真全体の明るさを調整する機能になります。やりすぎると白飛びした写真みたくなったり、黒いフィルターで覆い潰した様な仕上がりになる事が多いので節度をもって利用しましょう。

8.「ブラックポイント」

暗い部分をベースに、明るい部分の色調をあまり変えずに暗い部分を調整するブラックポイント。

Instagramなんかでよく目にする写真は、ブラックポイントの数値を上げて甘めに仕上がった写真が多い印象です。

9.「彩度」

文字通り「鮮やか度合い」を調整してくれる機能です。
彩度を足してくれます。

鮮やかな写真で有名な蜷川実花さんの写真は特に、彩度の高い写真ですね。
個人的に凄く好きな写真家さんの一人です。

10.「自然な彩度」
最初は僕も、彩度があるのに更に自然な彩度っているのかなって疑問に思ってました。

「自然な彩度」っていう機能は、「彩度」と違い彩度の低い場所に彩度を足してあげる機能と思ってもらって大丈夫です。

先に紹介した「露出」と「明るさ」に似ている様なにてないような…

食べ物なんかを撮ったときに、彩度を変えると不安な写真になってしまう事が多いのでそんな時には「自然な彩度」で調整しています。

11.「温かみ」と「色合い」
こちらも似たような機能です。
色味の具合を変える事ができます。

感覚で調整してみましょう。
花などの色合いを変えるときによく使います。

12.「シャープネス」

写真の輪郭が強調されます。

13.「繊細度」
繊細度って日本語、解釈が難しくないですか?

こちらの機能は「シャープネス」と「コントラスト」を足して2で割ったような物だと思っています。

14.「ノイズ除去」
写真の感度が低く、ざらつきのある写真に使うとざらつきを抑える機能です。

代わりに繊細度を失うこととなります。

僕はわざとコントラストの甘い写真を撮りたいときなんかに使ったりします。

15.「ビネット」
トイカメラなどの流行で有名になった機能ですね。

もともとは意図しない効果でしたが、ノスタルジックな写真のイメージを持ちやすいことから使われている機能です。

画面の中央よりも周囲が暗くなるような効果を付け加える事ができます。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。
長々と説明させて頂きました。

これらの機能の特徴を知らなくても、感覚的に操作できるのがiPhoneの写真アプリの良いところですが、
知っていれば自分のイメージに写真を更に近づけられるのは間違いありません。

次回は実践編です。
もっと満足できる写真を撮っていきましょう^ ^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
皆さま初めまして。343lab.(さしみラボ)と申します。休日は写真を撮っています。使用機材は基本iPhoneのみ。気軽に、誰もがスマートフォンを持っている時代だからこそ、iPhoneで撮る写真の素晴らしさを伝えていこうと思っています。さしみラボという名前は愛猫の名前より。