見出し画像

公務員とネイルの話

こんにちは、イメージコンサルタントの古橋香織です。

先日、久々にネイルをしてきました!
コンサルティングや打ちあわせなどが多いので、出来る限りネイルはしておきたい人です。

今回はこんな感じ。
前回はベージュのワンカラーでしたが、今回は少しだけアートをしてもらいました。子育て中なので爪は短めです。

画像1

この記事では公務員のネイル事情について書きたいと思います。

相手の爪が汚いと微妙な気持ちになり、爪がキレイだとテンションが上がる人は多いかと思います。

最近は金融機関の窓口でもかわいくネイルを施している社員の方を見かけるようになり、へぇー、ネイルもここまで市民権を得たのか!とおどろいた記憶があります。

しかし、公務員はまた別の話。

少しでも華美にしていると「税金泥b(以下略)」という怒号を受ける引き金になりかねません。
争いのタネになるような見た目はなるべく避けるべきであるということは、公務員の処世術の中では常識中の常識です。

しかし、

自分の爪がキレイだと元気になれる。

凹んでも少しだけ前向きになれる。

事務仕事が多いので、可愛いものを視界に入れておきたい。

などなど、許される範囲でならネイルをしてみたいという人も多いはずです。


では私の場合はというと、


はい。ネイルしてました。


でもお仕事によって変えてました。

具体的には、


○1日のうちに初対面の人にどのくらい会うか

○お会いする人がどのような属性の人が多いか


ということを基準に、ネイルをしてました。

実は内勤が多かった議会事務局時代は、普通に可愛く色々なデザインをしていました。その後会派受付に異動してからは、来客が多かったのでシンプルなものをしていた気がします。あと、セルフネイルもたまーにしてました。

初対面の人と多く会う部署の場合は、華美でない、あくまでもキレイな爪を演出するものとしてネイルをするのがおすすめだと思います。

ぱっと見、かわいいー!!ではなく、
爪きれいーと思わせるデザインがポイントです。

例えば、ベージュ系のワンカラーとか、ピンク系のカラーグラデーションでしょうか。

それと、外せないのが仕事で関わる人の属性だと思います。またまた私の話になってしまい恐縮ですが、消費者行政時代に美容関係の業者や芸能事務所とのやりとりが多かった時も普通にネイルしていました。

当時はネイルのモデルがきっかけで美顔器を売りつけられたりする案件が多かったので、私もネイル分かるし美容に造詣ありますよ、なめんなよ!ということをネイルによって訴えてました笑。

あとは、自分より少しだけ上の年次の先輩(しかも比較的評判の良い先輩)の爪を見て判断していました。このくらいならOKなんだわ!という基準があると見た目で失敗せずに済みますよね。

ササクレだらけの自分の爪よりも、キレイに整えられた爪は印象が良くなること間違いないです。

役所や職場ごとにいろいろな空気があると思います。お仕事や周りの様子を見ながら、可能な範囲でおしゃれを楽しんでみてくださいね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです〜!!
32
子育てと仕事と学業の間であわあわするワーママ。公務員(都庁)から起業し、イケてる政治家や公務員を作り出すイメージコンサルタントになりました。自治体と議会を応援し、おしゃれによる地域創生を目指しているAB型です。1才児に振り回されっぱなし。春菊とオレンジ色が好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。