見出し画像

Twitterからnoteに引っ越します

 脳内のあれこれを垂れ流すメインの場所として、これまでTwitterを使ってきましたが、垂れ流し先をnoteに変えます。

 Twitterのアカウントは一応残す予定で、書いた記事のお知らせは流すかもしれません。ただ、デジタル断捨離と称して一ヶ月ほどつぶやくのやめてみたところ、思いのほか快適でして。なので、このままぬるっとフェードアウトするかもしれません。

 ちなみに、Twitterで嫌なことがあった、とかではありません。単純に「SNSに労力使いすぎてたな〜」と思ったんです。Twitter以外のSNSも、アカウントはあるけれどほぼ使っていません。スマホアプリも削除、ブラウザ上からもログアウトしました。でも嫌でやめる訳ではないので、気が向いたらまたつぶやきだすかもしれません。わからんけど。

 ひとまず、noteではこまめに記事を書いていますので、こちらを見ていただければ私の生存確認は可能です。最近はSNSを更新しないと「あの人消えた?」などと思われてしまう世の中ですからね。私は生きていますよ。たとえこの先、noteを更新しなくなったとしても。私の本体は、この文章を打ち込んでいる、今ここにいる生身の「私」です。

 SNSに労力を使いすぎたことで、オンライン上の「私」が、私そのものなんじゃないか? みたいな感覚になってしまったのも、Twitterから離れようと思った理由のひとつ。

 毎日、大量の情報が頭の中になだれこんできて、膨大な情報の海の中に、私も漂っている。リアルの場で会う人の数よりも、もっとたくさんの人がネット越しに、私が書いたものを読んでいる。その人たちはきっと、それを見て私の人となりを捉えているんだろう。と思ったら、多くの人に認識されている「私」が本当の私で、そちらをしっかり整えなければ、という感覚に陥っていきました。

 「私はここにいます」「仕事もきちんとしていますし、思慮深く生きています」「たまにふざけることもあるんです」等々。私はこんな人間ですよと、まるでプレゼンするかのようにつぶやく日々。

 でも、Twitterにせよnoteにせよ、ネットに垂れ流している言葉は私の断片に過ぎず、当たり前ですが書かないことの方が圧倒的に多いのです。いくら断片をかき集めても、私そのものにはならない。だから、自分のことを齟齬なく伝えるなんて無理。いいねをたくさんもらうとか、フォロワーが増えたとか、もちろんそれも嬉しい。でも、生身の私が本来の私で、その私を認識してくれる、触れられる距離にいる人たちに自分のリソースを割くのがまず大事よね、と。

 そう思ってためしに一ヶ月間つぶやかないでみたら、ぼやけていた自分の輪郭がくっきりと戻ってくるような気がしました。なんか、常にいろんなことを考え続けていて、頭がぼんやりしてたんですよ、以前は。イメージとしては、マンガでよくある、魂が頭から抜け出て白目むいてるみたいな状態。それが軽減された感じです。

 noteもSNSっぽさはあるのですが、「何者かにならなければ/有益なものを書かなければ感」が、そこまで強くなくて居心地がいい。何となくmixi時代の、昔のインターネット的な空気感があるというか。自分の好きなことをひたすら書いていたり、純粋に日記を書いていたりする方もけっこういて、そこが好き。

 もちろん、何某かの目的を持ってnoteを書かれている方もいますし、ネットなんて各自好きに使ったらいいと思っているので、そういった方々を否定する意図はありません。私が見なければいい、それだけの話。Twitterだと他の方の「いいね」で自分のタイムラインに予期せぬ情報がぶっ込まれることも多くて、「見なければいい」がしにくかったのも、noteにお引っ越しを決めた要因のひとつですね。noteもおすすめ記事は表示されるけど、そこまでズレたレコメンドはされないので、「こういう情報、要らないんだよ……」みたいなストレスはあまりない。

 noteでゆるやかなインターネットライフを、楽しみたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださり、ありがとうございます! スキ・記事シェアなどしていただけると励みになります。サポートは、心が折れかけた時にチョコを買うお金にあてます。

ありがとうございます!
32
ライターです。noteではエッセイや小説を書いています|Webサイト https://2erire7.com/|お問合せ先 2erire7@gmail.com

こちらでもピックアップされています

エッセイ、日記
エッセイ、日記
  • 58本

日々思うことを、つらつらと。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。