見出し画像

「手間暇かけようが終いには一緒くた」だとしても

最近ベストアルバムを発売された、椎名林檎さん。
デビュー間もないころからのファンなので、最近、アルバムの宣伝のために色々なテレビに出演していて嬉しい。

先日の「関ジャム」で、1時間丸々椎名林檎特集を組んでいたのだけど、林檎さん本人が登場して(スタジオではなく別撮りVTR)楽曲作りについて語っていた。

ファンと言いつつも、最近はあまり熱心に追いかけてはいなかったのだけど、「関ジャム」がきっかけで自分の中の林檎熱が久しぶりに再燃し、YouTubeで過去のPVを見まくっている。

中でも好きなのが、「この人生は夢だらけ」。

冒頭に、こんな歌詞が出てくる。

この世にあって欲しい物を作るよ 小さくて慎ましくてなくなる瞬間
こんな時代じゃ手間暇掛けようがかけなかろうが終いには一緒くた
きっと違いの分かる人は居ます そう信じて丁寧に拵えて居ましょう

林檎さんは歌手というよりもとことん作り手で、「むしろ自分は表に出なくてもいい」と、過去のインタビューなどでもよく言っていて。

楽曲やPVなど、「こんなところにまでこだわっても、気づく人いないんじゃない?」と思うような細部までこだわっていて、その職人然としているところがとても好き。

私はきっと、職人気質の人が好きなんだと思う。何かしらのモノを作っている人、それもめちゃくちゃ細かいところまでこだわっている人が好き。イメージとしては、ひたすら石を磨く職人みたいな。効率の良さとかコストパフォーマンスとかは脇に追いやって、「いいものを作ろう」と考えている人。

「手間暇掛けても一緒くたにされるけど、違いの分かる人はいると信じて、丁寧につくりましょう」というフレーズは、林檎さんの楽曲作りに対する考えなんだと思う。この考え方がすごく好き。

手間暇かけなくてもそれなりのものは作れるし、細かいこだわりに気づく人なんて、一部の同業者くらいだろう。
でも、具体的に「この部分こだわっているな」というのが伝わらなくても、丁寧に作られたものかどうかは、分かる人には伝わる……はず。

丁寧にものを作っていきたいねぇ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら、チョコを買おうと思います。

ありがとうございます!
11
浅草出身のフリーライター。街歩き記事やインタビュー、エッセイを執筆|イラスト、写真、読書、純喫茶めぐりが好き|おさんぽWebマガジン「てくてくレトロ」運営→https://tekutekuretro.life |Web Site→https://2erire7.com/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。