見出し画像

私が考えるITインフラエンジニアの仕事

私は15年くらいITインフラエンジニアとして働いております。
システムインテグレータとしてお客様のシステムを導入したり、ユーザIT子会社に所属してシステム導入を主導したり、立場を変えながら活動していますが、その経験から、ITインフラエンジニアはどういう仕事をするかを書きます。


対象読者は、以下のような人を考えています。

・システムエンジニア志望者

・システムエンジニアとして就職しているけどインフラエンジニアとアプリエンジニアかどちらに進むか迷っている人

・インフラエンジニアになったけど仕事に悩んでる人


ITインフラには、ネットワークやサーバ、ホストコンピュータ、パソコンなどがあり、この機器を導入するのが主な仕事です。
ただ、導入する機器に何もせずにお客様に納めるだけでなくお客様がシステムを利用出来るように環境を整えることが出来るのがITインフラエンジニアの仕事です。


環境を整えるために、いくつものタスクを積み重ねていく必要があります。
ITインフラ構築プロジェクトはウォーターフォール型で推進し、企画、要件定義、基本設計、詳細設計、実装、運用設計、単体テスト、結合テスト、システムテスト、運用テストという順序で推進することが多いです。これらのタスクを積み重ねて、お客様に品質良い環境を提供することが出来る訳です。

今回はこの一つ一つの作業のことではなく、これらを展開していくために必要な仕事について書きます。


ITインフラ構築プロジェクトでは、ステークホルダーと呼ばれる関係者間で合意したことを形にしていきます。
そのために必要な仕事が調整です。これがITインフラエンジニアの仕事の基本であると考えてます。
求人情報でよく目にするコミュニケーション能力を持つ人を求められているのは、調整毎をするのが仕事だと考えられているからです。
ITインフラエンジニア目線で見るステークホルダーにはお客様、アプリ開発部門、ベンダー、上司や同僚、運用部門がいます。


1.お客様との調整

ITインフラエンジニアは、現場で作業することが多く、お客様との調整毎は多いです。
作業日をいつにするかという小さな調整毎から、プロジェクトのスケジュールと比較的長期間の調整、障害の暫定対応や恒久対応の調整や、インフラ構築で必要な決め事まで、数え上げるときりがないほどあります。


2.アプリ開発部門との調整

ITインフラエンジニアは、ネットワークやサーバのハードウェア、OS、ミドルウェアの導入を担当することが経験上多いです。
組織によってはミドルウェア導入や、ハードウェアのラッキングは専門の部隊が遂行することがあります。
ユーザーはインフラの上で動くアプリケーションを利用しており、言わばシステムの主役です。
そのアプリケーションの開発部門との調整も仕事です。
例えば、設計時にアプリ開発部門が要求するJavaのバージョンや認証方式などの調整や、いつまでにそのバージョンに合ったミドルウェアを導入するのか期日を調整します。


3.ベンダーとの調整

プロジェクトに導入ベンダーが入ることがあります。
例えば、サーバ機器のベンダーだったり、アプリケーションのベンダーだったりします。
物品を購入するだけの場合もありますが、ベンダーのもつ知見や、人手が必要な場合にはベンダーに導入を依頼することがあります。
作業日の調整や、システムへの要求をベンダーが導入する物品でどのように解決するのかを調整します。


4.上司や同僚との調整

ITインフラの切り替えは、利用者が少ない時間帯に実施することが多く、会社カレンダーの休みの日だったり、夜間だったり人が働かない時間帯に実施することがあります。
働く人は個人の都合だったり家庭の都合があるため、切り替え日に対応出来る人員を確保するために上司や同僚との調整が必要になります。
同僚にはプロジェクトに参画する他社の方も含まれます。


5. 運用部門との調整 

  システムは構築して完了ではありません。構築が完了したら、運用が始まります。
運用は、運用のプロが日々遂行します。ユーザーアカウントの作成や、バックアップ取得状況の確認、障害対応や保守作業など、システムを正常稼働させるための作業をします。
その運用部門には、構築したサーバやネットワークを引き継ぎ、運用設計をプロジェクトのスコープに含めているのであれば、運用設計書や手順書などを引き継ぐための調整が必要です。



今まで書いたように、調整毎がITインフラエンジニアの基本と考えてます。
もちろん、調整だけでは物事は進みません。調整のための準備や調整後の行動が必要です。



6. 調整のための準備

調整のための準備は、例えば、設計があります。
システムの構成やサーバOSでどのような設定をするか等、大まかなものから細かいものまで設計をし、レビューを実施することで調整をしたりします。
技術的に実現出来るのか、もっと良い方法が無いかを確認する目的で実施されるテクニカルレビューや、組織的に人員をどのように配置してプロジェクトを推進していくか決めるマネジメントレビューなど様々なレビューが存在します。

また、システム障害が発生した際に、復旧のために対策を講じます。この対策は一人では決めきれないことが多いです。そんな時、プロジェクトの仲間と、お客様と、上司と、運用部門と調整します。
その調整の場で、経緯を知らない人に説明するための資料を用意します。
その場にいる人に伝える目的もありますが、後から見直した時に何が起きたか分かるように資料を残す目的もあります。
瞬間的に見ると無駄に感じる仕事でも、組織全体を考えると会議の時間が短縮されたり、過去の経緯を知ることが出来るので、時と場合によりますが、準備するようにしてます。


7. 調整後の行動

設計で調整された内容を設定したり、障害の対策として合意された内容を実施したりすることが調整後の行動です。
計画が正確に立てられていると成功する確率は上がります。
逆に計画が無かったり、曖昧だと失敗する確率が上がります。
調整した結果が行動の結果に繋がるため、気を抜けません。


これまで書いてきたように、ITインフラエンジニアの仕事は、調整が基本です。
とはいえ、調整するだけでは仕事が進まないのも事実です。
次回は、ウォーターフォール型のプロジェクト推進における各工程の仕事をどのように進めると成功しやすいか私の経験に基づき書きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ありがとうございます!
31
所属や立場を変えながらITインフラエンジニアとして15年以上活動しています。 ITインフラ関連の設計レビューを請けます。気軽にご相談ください。

こちらでもピックアップされています

『プログラミング』
『プログラミング』
  • 105本

プログラミング初級者~中級者に有益なnoteを集めています。 無料noteがメインです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。