新しいレベルの思考

あなたの物語を生きる。

ぼくたち『人間』は、

「心」という存在を認識しているからこそ、

人の持つ「冷たさ」に触れたときには、

心を凍らせ、

その逆に、

人の持つ『温かさ』に触れることによって、

心の氷を溶かしたり、

心を明るくさせたり、

心に温度と色を、

取り戻したりします。

心はとっても繊細で、

綺麗で「美しく」て、

本当にもろいものであることを、

ぼくは中学生のときに知りました。

調子乗りで、承認欲求が強く、

目立ちたがり屋で、我がままで、

そんなぼくが鼻についた同級生から、

ある日突然、集団無視に合うという

体験をしました。

意味がわからなく、でも、

なぜか急に冷たい。

来る日も、来る日も、状況は変わらずに、

だんだんと生きる元気が、

なくなっていきます。

あからさまにみんなの態度が一変し、

部活にいっても、

教室にいても、

なぜかみんなが気を使っている。

思春期の頃だからこそ、余計に感じることが多く、

とっても毎日が楽しくなくて、

頑張ろうとする一面と、

腹立たしさや怒りが

こみあげてくる一面と、

無気力で、なぜ生きているのだろうかという、

どこか目の前の世界に興味を失った、

そんな自棄な一面と、

さまざまなことを感じながら、

過ごしていました。

そんな日常は、ぼくの心をどんどんと、

「冷たく」凍らしていき、

とても悲しくて、

寂しさで包まれていました。

夜空を見上げて、宇宙とは何かとか、

なぜ自分は生きるのか?とか、

人間ってなんなんだということを、

わからないながらも、この時に、

ぼんやりと考えたことを、

覚えています。

ぼくはこの時期に、

人はとても冷酷な存在だということを、

身を持って体験しました。

でも、ぼくがありがたかったことは、

そんな時でも、きちんとぼくと向き合ってくれる

そんな友人がいたことでした。

クラスでもひょうきん者で、

人気者だったぼくには、

いつもコントをする仲間が5人いて、

その仲間だけは、常に離れずに

そばにいてくれました。

また、部活動でも態度を変えた人と、

そうでない友人もいて、

そういった『人の温かさ』に、

初めて『触れることを経験した』

そんな時でもありました。

普段何もなければ、気が付かなったことが、

同じことでも、状況が変われば、

こんなにも「身に染みるもの」なんだと、

この時に、感じたことでもあります。

心を冷たくさせたものは、

人であり、

同時に、

心を温め、明るくさせたものも、

人である。

今では、それは自分の内側の反応によって、

起こった『心の反応』だということを、

理解していますが、

当時のぼくにはそんなことが

分かるわけもなく、

人の冷たさ、

人の温かさという認識で、

どちらも、ぼくの心に深く刻まれる体験と、

なりました。

まぁ、そういった一時的な時期は経験しましたが、

その後は特に何もなく、

また平穏な生活を

過ごしていました。

でも、一度、深い痛みを覚えてしまうと、

人は無意識のうちに、

もう2度と同じ思いをしたくないと、

その「繊細なもの」を、

「もう傷つけたくないという恐怖」に、

縛られるようになってしまいます。

それがトラウマです。

そして、無意識のうちにも、

傷つかないように、

傷つかないようにと、

繊細な心を傷つけないように、

人と距離をとって生きることを、

始めてしまいます。

ある意味これは、癖のようになっていて、

自然と自分でも無意識のうちに、

人と距離をとるようになってしまいます。

でも、それではどんどんと、

『生きること』が、

つまらなくなってしまいます。

人と本気でぶつかることを避け、

心の通わない人間関係を築き、

永遠に埋まらない寂しさを感じながら、

いつしか本気の感動がなくなっていく。

そうやって、

どんどんと『熱』が、

欠けていくことになります。

ぼくは大学生の時に、

恋人に二股をかけられて、

失恋を味わうことになります。

当時は、その子にぞっこんで、

本気で好きで好きでたまらなく、

その時の何よりも、

想いを注いでいました。

でも、

『裏切られる』

その出来事は、

また繊細で、もろい心を、

深く傷つけることになります。

ぼくはある意味、

純粋無垢な部分を持っていて、

今でこそ、人を知り、

人間を理解し、

心を理解し、

様々な経験を通してきて、

心を鍛えたり、

心の強さを知ったり、

心の扱い方に、

気をつけることができ、

その無垢を武器に変えることが、

できていますが、

中学生の時にしても、

大学生の時にしても、

若かりし頃のぼくの無垢は、

それは大きな、大きなダメージへと、

自分の内側に大きな傷を、

残すことになります。

ぼくは感受性が強く、

繊細で、純粋なので、

その分、受けるダメージは、

とても大きくなりました。

そうやって、『生きていく』中で、

たくさんの出来事を通して、

心は傷付き、

心は壊れ、

それを原因にして、

どこか「冷めた目」で、

人生を、人を、見るように

なっていってしまいました。

人には、人の数だけの、

『心の物語』があります。

そして、それは大抵、

辛い経験や、

しんどい思い、

悲しい体験や、

壊れる痛み、

芯からこみ上げる温かさや、

幾重にも包まれた愛、

どこまでも染みわたるやさしさと、

忘れられない感動など、

そういった物語を、

何回も、何回も、

体験してきたはずです。

その体験をしてきたからこそ、

心はやせ細り、

心は渇き、

心は求め、

心は強くなります。

「今まで」あなたが体験してきたことは、

すべて『あなただけの物語』です。

それを変えることはできないし、

それをやり直すこともできません。

でも、「今」のあなたには、

その『物語』の、

『語り手』になることが、

できます。

今まで体験してきたことに、

「どんな意味を持たせるのか?」

その語り手になることができるのは、

「今」

その物語を見つめることができる、

「今のあなた」だけに、

できることになります。

心が辛くて、張り裂けそうな想いに、

青春を費やしてきたこと、

今でもなお、心の痛みに苦しみ、

命の時間を使って向き合っていること、

どれだけ言葉に表そうとしてもできないぐらいに、

心が感じた喜びの体験、

凍っていた心を溶かしてくれた、

なによりも大事で、宝物な経験に、

どんな息吹を吹き込み、

「今までの物語」を完結させて、

『これからの物語』へと、

つないでいくのか?

それが、できるのは、

「今のあなた」だけです。

だからこそ、

『行動』に出てください。

『熱』がもたらす感動こそが、

「生を感じさせてくれること」を、

すでにあなたは知っているから。

日常や、生活に

つまらなさを感じてしまうのは、

『生』を

感じていないからであり、

それは、心がどこか冷めていたり、

まだ無意識で、

心を保護しようとしていたり、

いつからか閉じてしまった心を、

全開にできていないからです。

あなたが心の芯から、

『生』を感じるためには、

『生きていなかった時間』を明確に理解して、

どんな気持ちだったのか?

どんな感情だったのか?を、

しっかりと聴いてあげることです。

そうすることで、

あなたが『本当に求めていたもの』は、

「傷つきたくない」ではなくて、

『深くつながりたい!』だったことに、

きっと気がついていくことになります。

人の「冷たさ」よりも、

人の『温かさ』に、

誰もが魅力を感じるはずです。

それは、

自分(の心)と、

相手(の心)を、

「切り離すこと」ではなくて、

自分と相手という別々のものを、

つなぎ、引っ付け、融合する、

そんな、

「つながること」

そもそも、

「つながっていること」に、

『喜びを感じてしまう』ように、

ぼくたちが、プログラムされているからに

なります。

あなたが闇にかけた時間が、

深ければ深いほど、

「あなたの根っこ」は、

深く、太く、根を張っています。

そんなあなたのバランスが切り替わるときに、

深く、太く張った、あなたの根っこが、

地上に芽を出し、

そして、

その芽は本当によく、

伸びていくことになります。

そして、

深く、太く張った根っこのおかげで、

決して折れることのない大木になることが、

できます。

闇が濃いければ、濃い分だけ、

あなたという光は、

輝きを増していきます。

あなたにとっての「正解」とは、

決して探すものではなくて、

いつの時でも、あなた自身で、

正解はつくっていくものです。

そうやって、

「あなたの生き方」を、

生み出していってください。

繊細な人ほどよく悩み、

感受性の強い人ほど、

より考えることになります。

それは、人には感じないことを、

感じれる能力を授かっているからであり、

人にはわからない痛みを、

自分のことのように理解できる能力が、

あるからです。

「あなたの道」は、

あなたで作るしかありません。

だからこそ、

「あなたの物語」を生きることを、

始めてください。

人は一人一人違います。

誰かと協力しあうことはあっても、

決して誰かと同じなんてことはなく、

あなたの『生』を生きることに、

あなたの『道』があり、

それが、あなたの人生であり、

『あなただけの物語』です。

地球は楽しみの惑星でしかありません。

あなたの一番奥底にあるエネルギーと向き合い

それを開放していくプログラムこそが、

人生(生きること)です。

あなたには、すでに張られている

根っこがあります。

後は、その根を深めていきながら、

「同時」に、

表にも芽をだし、

大きく成長させていくだけです。

どんな花を咲かせ、

どんな実をつけるのか?

今までしてきた様々なあなたの体験が、

きっと誰かの役に立つ実をつけるから、

どんどんとその芽を伸ばしていきましょう。

ぼくの書くブログ記事の『根本』には、

人の持つ『生命力』の力を、

1日、1日、ほんの少しずつでもいいので、

『開放してほしい』という想いから、

発せられています。

「あなたの生きる旅」が、

少しでも満ちたものであるために、

あなたの可能性と向き合ってもらえればと

想っています。

そんな、あなたの新しい旅を応援する、

「新しい思考」を下記にて、

プレゼントしています。

ぼくたちの内側には、宇宙の【真理】が

宿っています。

あなたが「善」「悪」を判断できるのは、

いったいなぜでしょうか?

あなたが自分自身の「怠惰」や「傲慢」に

気が付くのはいったいなぜでしょうか?

すべての人にとって「普遍」であり、

時を超えても変わらない「不変」の法則を、

分かりやすく「言語化」しました。

ぼくたちの内側に潜んでいる【宇宙の原則】を、

思い出してもらいたいと思います。

意識を覚醒させて、生きる次元を上げたい方は、

ぜひこの機会に受け取ってください。

☆★☆ ライン@をはじめました。 ☆★☆

本当の必要時以外は投稿していませんが、
良かったら「友達追加」を押してしてください。


↓こちらから検索できます。
@hnh2651y


友達追加してくださった方に、
下記の電子書籍をプレゼント中です!


● 新しいレベルの思考 ●


人生を本気で変えるために、
人生に豊かさを引き寄せるための、


『魔法の原則』を、
手に入れることができます。

大好評につき、無料キャンペーン中です!

スマホでandroid端末の方は、
ライン@に登録後、一報ください。

・個別対応させていただきます


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


本日も最後まで読んでいただき、
本当にありがとうございます。

いつもあなたに良い運気が流れこむように、
あなた自身を生きてほしいと想いを込めて。


Chao!

西野たかお/nishino takao

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
Life Travelerという 「命の可能性をどこまでも追求する生き方」を 「情報」として発信しながら、 ビジネスを展開しています。 ライン@登録者に電子書籍『新しいレベルの思考』 を無料プレゼントしています。 @hnh2651yで検索できます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。