見出し画像

弾き手にピアノの「あら探し」を背負わせないようにしたい

ピアノ調律の作業って、そのピアノのポテンシャルを引き出すことをゴールにしているわけで、言うなればピアノの「あら探し」をする仕事だと思っています。

今なにがこのピアノの100%を阻害しているのか、大きな原因を改善したら中くらいの原因を潰して、どんどん重箱の隅をつつくように...と常に悪いところを探しています。

なので調律前にもお客さまには「なにか気になるところはありますか?」と聞いていました。

ただ、これって僕が目標としている「ピアノのメンテナンスをすることでお客さまの生活を豊かにする」と言うコンセプトからちょっと外れるよな、という違和感を感じていました。

普段弾かれている方が気になるところは情報として非常に大事なんですが、お客さまにもピアノのあら探しをさせているようで、なんかピアノが楽しくなくなってしまわないかなと。

なので最近は「(前回からの期間)ピアノの調子はどうでしたか?」と聞くようにしています。

もちろん気になることがあればどんどん伝えて頂いて、そのピアノの好きなところや良いところも教えてもらえるとメンテナンスもより良くなっていきそうだなと思っています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
ピアノの調律師をやっています。同じく調律師の妻とピアノが好きな文鳥と3人暮らし。 ピアノや仕事について考えたことを書いています。