見出し画像

にじさんじは最強ではない、最強の箱その名は────────

画像2


 私事ではあるが先日、『にじさんじ最強論』という最尖端の論文を発表した。界隈に一石二石三石ほどを投じる論文として世界から賞賛の声を寄せていただいた。数で言えば、片手の指で足りてしまうほどの数である。
 しかし、私はその論文を自らの手で葬らなくてはならない、そう、

──────── にじさんじは最強ではない。

ENTUM

──────── エンタム。

 Vtuberというコンテンツを最近見るようになった読者には聞きなれない単語かもしれない。
 ENTUM(エンタム)とは、Vtuber事務所の一つであり、ミライアカリ(登録者70万人以上)、猫宮ひなた(登録者50万人以上)、ヨメミ(登録者40万人以上)、届木ウカもちひよこが所属していた事務所である。

登録者70万人 

  にじさんじに所属する月ノ美兎は登録者70万人越えを目標としたことを最近語っていた。もちろん、にじさんじで登録者が一番多い彼女が目標にするのであるから、その頂へ通じる道は茨が生い茂った道なき道である。
 しかし、ENTUM(エンタム)にはその道を踏破した人物がいる。
その名は
──────── ミライアカリ。

 ミライアカリ登録者数70万人以上(20年2月現在)
https://www.youtube.com/user/bittranslate


 茨が生い茂った道なき道を踏破し、にじさんじが未だ見ぬ領域に君臨するのがミライアカリである。またの名を

──────── エゴサーの姫。

 Vtuberたる者エゴサーチをして”当たり前”と思ってはいないだろうか?
 つまらない政治家ですら媚び諂うためにエゴサーチをしているのだから人を楽しませるのが仕事のVtuberはエゴサーチをするのが朝飯前であると、思ってはいないだろうか?

──────── 大きな間違いである。

 Vtuberたる者、私生活がある。配信や動画を”仕事”としているからこそ、カメラがoffになれば”仕事じゃないとき”を迎えるのである。その私生活を費やしてまで、ファンサービスであるエゴサーチをしたのが、

──────── ミライアカリである。

 エゴサーチ界隈の姫と呼ばれる人間がにじさんじにいるだろうか、いや、いないだろう、しかし、ENTUMにはいる。

──────── ゆえに、ENTUM最強。

にじさんじの未来に明かりを灯した者

 先日の『にじさんじ最強論』で触れたが、当初、にじさんじは会社的にも心身的にも筆舌に尽くし難いほどに厳しい環境に置かれていた。
 「Vtuber四天王が新しいカルチャーを創生しているところにどこからともなくやってきた便乗集団がにじさんじだ。」
 このような厳しい声を公然と浴びせても許されていたのが当時のにじさんじを取り巻く環境であった。
 当然である。汗水垂らしてリスクを背負ってようやく新しいカルチャーの芽が出てきたと思ったらその隣に作物を無秩序に植えようとするのだから、怒るのも無理はない。
「にじさんじは18年年内には終わる、あれはVtuberではないから。」
「今なんか、配信で四天王の物真似してるけど、ノータッチで。」

────────  ✓Mirai Akari Project ( ⊙_⊙ ) https://www.youtube.com/watch?v=q626v4czE6g

 にじさんじの未来に明かりが灯った瞬間である。

 この時の出来事は忘れられないと、後に月ノ美兎は度々語っている。
このコメントが無かったら、にじさんじは18年年内どころか18年の夏には終わっていただろう。五里霧中の中を歩くようなものである。八甲田雪中行軍遭難事件さながらの悲劇が起きたに違いない。
 にじさんじの未来に明かりを灯した者────────  ミライアカリが所属したのがENTUMである。

──────── ゆえに、ENTUM最強。

最強のままその役目を終えたVTuber事務所 ENTUM

 ここまで読んでしまった以上は最強信者の読者諸君はENTUMを応援したくてたまらないことだと思う。だが、ここで辛いお知らせをしなくてはいけない。そう、この最強のVTuber事務所、

今現在は存在しない。

 19年12月31日を以って、Vtuberというカルチャーを築く役目を終えたのである。
 もはや勝負を挑むことができないのであるから、誰もENTUMを負かすことはできない。

──────── ゆえに、ENTUM最強。

 しかし、ENTUMがVtuberに残した軌跡は残り続ける。軌跡が残り続ける限り、ENTUM生き続ける

──────── ゆえに、ENTUM最強。

にじさんじは最強ではない、最強の箱その名は

画像2



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

他の記事も読んでいかないか?
16
Pulitzer Prize for Nijisanji. Volunteer information about Nijisanji. https://twitter.com/PPfor_Nijisanji
コメント (2)
にじさんじとENTUMって見てる層が違う気がする
葬られたのはENTUMなのでは…(解散済み)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。