見出し画像

とあるライブ配信アプリでは、見せ金のバラマキが行われてるって本当?~意外に良心的かもしれないロイヤリティのバック率~

どうも、いろんなライブ配信に顔を出している223です。今回はとあるアプリに関する記事です。なんのアプリかは名言はしません。だって、証拠も根拠もない単なる噂ですから、間違ってたら迷惑かけるじゃないですか。

あるかもしれないし、ないかもしれない。

ただ、有名爆投げギフターさんのTwitterへのコメント欄にその様な投稿が目につき、誰も否定していなかったので、おやおや?となり、タイトルにさせてもらいました。

これから書くことは、真実ではないかもしれませんので、あまり真に受けないでください。

空想の世界の夢のお話です。
寝たら忘れてください 笑

もし仮に、「某アプリにおいて、ちゃんと課金されたコインではなく、YouTuberのような案件であったり、盛り上げるミッションを背負った関係者によって、見せ金のバラマキポイントが流通していたとしたら、どうなのか?」という検証です。

ええ、2018年の下旬頃から囁かれ始めた噂ですね。

あくまで都市伝説なので、話半分程度に聞き流してください💁‍♂️(繰り返す保身 笑)

ライブ配信のロイヤリティ還元率

投げ銭アプリは世の中に沢山ありますが、他の投げ銭については、ロイヤリティがプラットフォーム:公式ライバー=5:5であるところもあり、7:3とか8:2等と言われている(契約条件は個別に違います)某アプリは、少し分配が少ないように思えます。この某アプリも僕が始めた当初は5:5だったと言われてましたし、今の仕組みは謎が多いですよね 笑 (ライバー事務所やエージェントを通すと更にそこから半分とかをすっぱ抜かれる悪徳業者もいるようなので要注意。UUUMですら配信者の20%しかとりませんから、その範囲に契約はとどめるべきですよ)

たとえば、あるリスナーが1万8000円のアプリ外チャージをすると、アプリ内で使える54700P(あえて単位は書きません)が貰えます。となると、ライバーにとって区切りとなる250万Pを集めるには、みんなから約83万3000円の課金をして投げてもらわなければいけません。ライバーさんにはボーナスも含めて約20万円~30万円程度(平均25万円)の収入になっているというお話。もちろん、契約形態によってはもっともらってる人もいますし、少ない人もいるかもしれません。250万Pというハードルをこえて、ようやく25%~35%というフィーになるということですね。やはり他のアプリより低い印象。

ただ、もし見せ金のバラマキが行われていたとしたらどうでしょう?実は83万3000円の課金ではなく、50万の課金による真水Pと、33万3000円相当の見せ金Pが流通していたとしたら、納得が行きます。アプリ側には50万しか収入がない訳ですから、25万のロイヤリティをライバーさんに支払えば、バック率が50%となり、以前の某アプリや他の投げ銭アプリと変わらない水準となりますね。あら、良心的?

あとは、アプリ外チャージではなく、アップ内課金の場合はアップルとかGoogleにそもそも3割持ってかれますから、課金額から残った7割を分ければ5:5に近くなります。こちらは見せ金のバラマキPを発生させなくても、還元率は問題ない水準と言えるでしょう。

見せ金バラマキのメリット

さて、その見せ金のバラマキPは何に使われるのでしょうか?それは、多くのライバーさんの枠を盛り上げて、実際のリスナーの課金を助長したり、イベントに投下することで、より多くの枠が高いレベルで争うことになり、結果的にはアプリにだけでなく多くのライバーさんの収入も多くなる導火線となるわけですね。

では、その見せ金Pはどのようにしてばらまかれるのかというと、関係者(いわゆる🌸)が利用する特定のアカウントに配布されるわけです。Pなんてデジタルデータですから、プラットフォーマーとしては無限に作り出すことが出来ます。注意しなければいけないのは、ライバーさんにロイヤリティが発生するので、その流通量をコントロールすることだけ。

仮に上記のような割合でアプリ外チャージに応じて発行していた場合、月に約5億円のアプリ外売上があったとすると、3億3000万円分の見せ金のバラマキPが某アプリ内に流通し始めるわけです。だいたい、8億5000万Pぐらいですね。凄いですね!依怙贔屓があったら、新人イベントもオフイベも上位にいけちゃいますね笑

これを複数の爆投げアカウントに分配し、注力イベントや注力ライバーに配分していけば、リアルの課金リスナーが、応援しているライバーをイベントで上位に送り込もうとする限り、その見せ金のバラマキPのペースに付き合わざるを得なくなって、アプリ全体の売上が上がったり、多くのライバーさんの収入が向上したりするのです。

あれ?なんかプラットフォーム側には、いいことしかないな、、、と思うのですが、実際には爆投げ専用垢の運営には人手と手間がかかりますし、YouTuberや財界人にそんな協力をしてもらうためにはギャラも必要になるでしょう。また、それをやることにより、怪しんでアプリを離れてしまうリアル課金ギフターがいたり、僕のように過去やっていた爆投げをスンッと辞めてしまう人もいるのです。

ただ、どちらの方が経済合理性があるのかと言うと、恐らく見せ金のバラマキをやった方が売上も利益も高くなるのではないかなと思います。バンドワゴン効果の最たる例ですね。人はそのものの本質的な価値よりも、他の人が並んでいるものに並びたくなり、他の人が買っているものを買いたくなる。ということで、他の人が投げれば投げるだけ、自分も投げないとライバーさんから見てもらえなくなる、、、みたいなね。

報われない課金リスナー

割を食うのはちゃんと自分で課金してるリスナーさんたち。中には自分のお給料の大部分を課金にツッコミ、ライバーさんをイベントに勝たせようとしている人たちもいます。それなのに、見せ金のバラマキPを恣意的に運用されると、応援しているライバーさんが負けてしまったり、上位に浮上出来なかったりと、イベント後の爽快感を感じられずに報われない存在となってしまいます。

せめてバラマキをするならば、本物のアプリ外チャージによって課金されたコインを獲得した比率に応じてライバーさんに分配してほしいところ。そうすれば、イベントの順位も公正な課金割合によって決まりますし、リアル課金リスナーが割を食うことは少なくなります。

ただ、それでも、見せ金のバラマキPが存在するだけで、自分の課金Pが生み出す影響力が薄まるという結果を生み出しますので、やっぱりそんなものは無い方がリスナーにとっては嬉しいのかもしれません。以上となりますが、これらは全て、もしバラマキの見せ金Pが存在していたら?という仮定に基づいた考察ですので、実際には無いかもしれません。まあ、無かったとしたら、還元率が低いという別の問題が生じますね 笑

そしてもし、このバラマキの見せ金Pが存在するという前提で某アプリを見回すと、どのアカウトが専用垢なのかは浮かび上がってきます。僕自身は本当に課金してるリスナーで、過去にはトップテンに入るぐらいにブン投げていたこともあります(ビットコインの泡銭ですけど笑)。そして、2018年前半のまだ怪しい投げ方をする人が現れておらず、このような都市伝説が産まれる前に、ギフトランキングトップ100に入るトップギフターが6割以上参加していたコミュニティを運営していました。

なので、リアル課金ギフター達と仲良かったですし、その人達に共通している行動特性が、ある程度わかります。専用垢は、その行動特性から決定的に外れている人を見極めればいいだけですからね。リアル課金ギフターは、配信をきちんとそれぞれの方法で楽しんでます!!応援することに気持ちを込めています! だって自分のお金ですから 笑

あなたが凄いすごいと崇めているその爆投げアカウント、実は雇われの、ただのバイト君かもしれませんよ?
あなたが尊敬します!と崇めているそのトップライバーのアカウント、実は広告塔に指定されて、専用垢の投げだけによって成り立っている、紛い物のトップライバーかもしれませんよ?

信じるか信じないかは、あなた次第👉
(たぶんほぼ都市伝説の域を出ないフィクションだと、何度も保身のために書いておきます 笑)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
某著名ウェブメディア運営企業の役員です。 ここでは、趣味のライブ配信界隈の投稿をしていきます。

こちらでもピックアップされています

ライブ配信マガジン
ライブ配信マガジン
  • 10本

投げ銭ライブ配信におけるノウハウ、雑知識をお届け。作者はナンバーワンアプリにてギフトランキングトップ100のギフターが6割以上参加していたコミュニティの運営経験を持ち、自身も月間8位まで到達。同コミュニティからは、数々の新人ライバーが月間のアプリナンバーワンライバーに輝く。累計課金額は約3本。推しは作らず、アプリ内での人と人との繋がりやコミュニケーションを楽しむスタイルから、客観的な記事制作を心がける。本業は某著名ウェブメディアの役員。あくまで趣味であり、ライブ配信業界において一切の金銭欲求やビジネス欲はない。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。