見出し画像

ゲシュタルトセラピーを受けた話をしよう。

クレイジーなつこ

私はチック症で、重度のトゥレットで困っていた。
外に出かける時は処方されてる薬二錠じゃチックがおさまらないので六錠勝手に飲んで出かけていた。

それでも、外にいる時は体に力が入りチックを抑えなければという観念と力み。

家に帰ればクタクタだ。

そんな私はチックはあってもいい。

あってもいいから、

外で疲れないで過ごしたい。

と、思い、なんとなく以前ボランティアで関わっていた人が利用してたこくちーずというサイトで、なんとなくインナーチャイルドで検索した。

スクロールしていくと、

『人といても疲れないように』

そんな言葉が目に入った。

それがゲシュタルトセラピーとの出会いだった。

団体名とかは伏せるが気になる人はこくちーずで検索してゲシュタルトセラピーで検索してくれ。
毎月開催している。

グループセラピー?ワーク?
なのだが、まぁ、最初はなんかあやしいなぁと、思った。

まずゲシュタルトセラピーについてぐぐり、ちゃんとした心理療法だとわかり、参加費も2500円…まぁ安い方かなぁ。
とりあえず、藁にも縋りたいし、なんとなかなるならして欲しい。

私は勇気を出してポチった。

参加してみて。

全然怪しくなかったし!

何か買えとかなかったし!

私の場合、外に出た時に一番安心する、トイレの個室のイメージをして、そこにいるていで体の感覚を味わったら、なんか体の力が抜けて、更にチックも減った!

し、それを日常生活や外出時にもイメージしつつ行動してたら薬二錠で外出できた!!

何か体の感覚を味わうことに重点を置くのがゲシュタルトセラピーみたいだ。

まだまだ悩み事はたくさんあるので、zoom開催なので、次回参加したいと思う。

私は認知行動療法で薬飲まず強迫性障害かなりよくなった過去もあるので、認知行動療法とか心理療法とかカウンセリングとかはただ薬飲むよりお金があるのならやった方がいいと思う。

まぁ、当たり外れがあるけどね。それはドクターショッピングみたいなもので、次々と違う人に行けばいい、特にカウンセラー。

まぁでも高いからね、安いとこ見つけて頑張って欲しい。

ゲシュタルトセラピー私には相性よかったです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
クレイジーなつこ
気ままに文章を書いて行きます。 統合失調症とチック症と強迫性障害です。