見出し画像

今この瞬間にコロナがなくなったら何がしたい?

非常事態宣言が出て、自粛生活も1週間が経過。小1の娘の小学校も、2歳息子の保育園もなくなり、家族4人で夫と私は最低限の仕事をしながら、育児中心の生活をしています。朝は天気がいいと人がいない場所を選びながら散歩から始まり、1日どうすごすかだいたいの予定を組んで、それぞれやるべきことはこなしながらも、子どもと過ごす毎日です。毎日が日曜日という表現が正しいかもしれません。先日キャリアカウンセラー仲間と、Zoomを利用して10分瞑想(マインドフルネス)を行いました。行ったことで、肩に力が入っていたことや、無意識に緊張状態から呼吸が浅くなっていた自分に気づき、その後は落ち着きを感じることができました。

今はエネルギーの充電期間

仕事が急激になくなった方や、この先の不安を考えると、何かしていないと不安になる方もいらっしゃるかもしれません。私個人も、自身の自営業としての活動と、会社経営をしています。現在コロナの影響でサービスを止めていたり、講演系の仕事が止まったりと、経営面やキャッシュ面でみると一時的な落ち込みは避けられていない状況です。ただ、今の世の中を見ると、誰が悪いわけでもなく、自分が今もがいただとしてもできることは少なく、短期的な落ち込みを減らそうと何か頑張るエネルギーは消耗するだけだと感じています。必ずコロナが終わる日がきます。その時、また思いっきり動くための充電期間として、今できることに限り活動したり、改めて自分の価値の再構築期間として過ごしてみるのがいいかもしれません。

今この瞬間にコロナがなくなったら何がしたい??

皆さんどんなことが浮かびますか?
私は‥‥

・自然豊かな中で、散歩したり、食事をしたり、温泉に入ったり、読書をしたりしたい。
・行きたい場所をピックアップして、日本、海外たくさんの場所に出かけたい。
・親しい人たちと、美味しいお店で、美味しいご飯やお酒を飲んで笑いたい
・美容室とまつエクサロンに行きメンテナンスしたい


この辺りでしょうか・・・。

これ、改めて考えると今まで当たり前にできていたことで、その時は当たり前すぎて大きな価値を感じてなかったけれど、とても豊かなことを得ていたんだということに気づかされています。今現代はSNSも発達しているからこそ、目につくものをうらやましく感じたり、華やかなものを見ると、自分の足りないことに目が行きがちだけど、こういう時だからこそ、自分が実現できていたことや、充実していた日々にフォーカスしてもいいのかもしれません。

無理にポジティブに切り替えなくていい

前回のnoteでは、今回のコロナは私たちを本質に引き戻していると書きました。


今回の出来事は、間違えなくこれからの私たちに多くの教訓や、新たな価値観を作っていくと思います。未知な状況で物事を選択していくことや、先が見えないことに不安を感じることは誰もが普通にある感情だと思います。普段と違う感情になり、取り巻くエネルギーも変わっているからこそ、自分の感情に蓋をせず、感じたことを大事にしていきましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
6歳娘と2歳息子を育てる経営者ワーママ。誰もが「自身の強み・らしさ」を発揮する社会に....が人生テーマ。会社経営/国家キャリコン/女子大非常勤講師/エスキッチン運営/両立チーム育児ラボ主宰/「両立×キャリアデザイン×チーム育児」をテーマに綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。