見出し画像

悪意のある大人達に囲まれる怖さ。

11/29、とある新聞紙にこんな見出しが掲載された

「菅井友香、胸揉まれる!」

これを書いてるのがいい歳した大人らしい。怖い。

えー、どんな事を報じてたのかというと、

欅坂46の菅井友香が舞台「飛龍伝2020」の主演を務めること

を報じていた。某だに〜のようなスキャンダルでは無い。オシャレ専門学生(笑)を家に連れ込んだ訳でもない。

わざわざそんな見出しを使う必要があるのだろうか。疑問だ。

そして、それに便乗したかのような共演者、須藤公一のツイート

なんなんすかこれ(松木安太郎vo)

菅井友香への圧倒的セクハラである。許されざるセクハラである。俺が欅ヲタクだからとかそーいうの抜きにしてマジで許されないセクハラである。

欅坂46を背負って舞台に立つ菅井友香がこのような発言に言及できないのをいい事に、このような卑劣、お下劣な発言をしている。

これはもうセクハラである。周りからの圧力である。

このような人と菅井友香がこれからほぼ毎日過ごすのはファンから見て不安である。(ダジャレちゃうよ)

声をあげなきゃ何も始まらない

当然、ファンはキレる。「須藤公一を降板させろ!」「謝罪しろ!」などの言葉がTLに並ぶ。

それを見た欅ヲタク以外の1部の方々は「これだから欅ヲタクは〜」と言った。

いや、今回に関してはこれだから欅は〜とかって次元の話ではない。マジのガチのセクハラに誰もキレないのはおかしい。

怒りの声を挙げた方々は何も間違っちゃいない。

この話で「欅坂は〜」とか言ってる人らは自分は女性を蔑視していると考えた方がいい。

いや謝罪したけどさ

須藤公一は謝罪したが残念ながら謝罪の仕方も中途半端。

このような老害が繊細な心を持つ人間を傷つけているのだと実感。

まあ、とりま謝罪したしこれで一件落着かな。ゆっかー舞台頑張ってくだせぇな、、、

って、えっ!?(下記画像参照)

↑プロデューサーの発言

いや、は!?!?!?

おい、舞台のトップであるプロデューサーもこれかよ。

終わってんな飛龍伝制作陣!!!

作品の重みを分かってコメントしてるノンスタ石田さんとは大違い。

ノンスタ石田は人間として素晴らしい。だからこそ他の共演者や制作陣がこんな体たらくなのが腹立たしい。

現代社会に適応できない愚か者

はっきり言って、須藤公一さんと岡村俊一さんは

現代社会不適合者

以外の何物でもない。

周りの意見を聞かず、静止を聞かず、「匿名の意見は無視する」とか言っちゃったり、騒動が大きくなってるのにツイートを消すだけ消して他は何も言わず逃げたり、んで騒動が収まりかけた時に謝罪する。

僕はこんな老害になりたくない。

正直僕は、このような人間達に囲まれ、たった1人の女性出演者として舞台に出る菅井友香が心配で心配でたまらない。

このようなモラルに欠けた言動をする役者、その役者を擁護するゴミプロデューサー。

こんな環境で何か1歩成長できるのだろうか。

菅井友香という1人のアイドルが成長するためにした決意をこんな老害達に踏みにじられないか心配である。

正直、須藤公一は降板が妥当であろう。

それが今しなきゃいけない、今回の失言への責任の取り方ではないのかな、と思う。

だが、その降板させる判断をしなければならないプロデューサーがあんな発言をするのだ。

はっきり言ってこの舞台は泥舟だ。

稽古に入る前の段階からここまで叩かれてる舞台が成功する訳が無い。

本来舞台を降りる側が降りず、舞台を降ろさせる側が降ろさせないのなら、セクハラ被害者である菅井友香サイド、つまり欅運営が菅井友香という一人の人間であり大切な事務所の看板商品を守る為に動かなければならないと思う。


もうこの際だ、はっきり言おう。

菅井友香はこの舞台スタッフ達と舞台をやっても何も成長できない

皆に喜ばれるはずの単独舞台出演が、ただただファンにヘイトを溜めさせるだけのものになってしまってる以上欅運営は菅井友香をこの舞台に出してはならない

欅運営には、今できる最善の判断をしていただきたい。

100万馬力でがんばりき!して貰いたいものだ。
#菅井友香 #欅坂46 #飛龍伝

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
徒然なるままに色々な事を書いて行こふと思ふ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。