表裏一体

HSP、敏感な性質は、性質というだけあって無くなるものではない。
10が1になることはあっても、1から0になることは殆ど有り得ないと思う。

嫌なことがたて続けに起こった。
最近は感情も薄くなったし、サイコパス的思考も根付いてきたし、強くなったんじゃないかなあ〜と思っていた。
見事に崩れた。
心が音を立てて崩れた。
矛先は全て自分にしか向かず、「ああ自分が悪いんだ、こんなことなら消えてしまいたい。」本気でそう思い、痛みに耐え、泣いた。

嫌なことは3つあった。
2つは恋愛や性的なこと、もう1つは家族のこと。

皆が皆そうじゃないことは分かっているけれど、怖くて、気持ち悪くて、男性が苦手になった。
恋愛感情と偽った見え透けた欲情が、吐きそうになるくらい生々しくて、気持ちが悪くて、
それが自分に向けられてると思うと、嫌を超えて死んでしまいたくなる。
友達に話を聞いてもらいアドバイスをもらい、心は軽くなったものの、怖い気持ち悪いという感情は消えない。

私には姉がいる。彼女かなり我儘で独裁的な人。故に私は身を以て、生傷を得ながら、うまく付き合う術を学んできた。
でも、私は地頭が本当にすっからかんで。すぐに忘れてしまう。
久しぶりに会って、話をして楽しいと、彼女がどういう人か忘れてしまう。
そして痛い目をみる。
心無い言葉を浴びせられる。
わかっていたはずなのに、だからこそより傷が深くなる。
何度火傷しても学ばない。懲りずに熱々のやかんに手を伸ばしてしまう。
そして私が悪いんだと未だに考えてしまう。
そもそも人が怒るのは好きじゃない、苦手だし、怒りを目の当たりにすると、自分に非があるんだと思う。

なんにも根本は変わっていない。
傷付く時間や悩む時間は短くなったけど、傷つかなくなる日はきっと来ない(来てもだいぶ先だ)し、悩まなくなる日もきっと来ない。
うまく付き合っていかなければならない。

でも、少し嬉しかった。
HSPであるということは、私にとっての強みだし、何にも変えられない財産だから。
苦しんだことのほうが多いかもしれないけど、得たものは世界にひとつの価値を持ったものだし、何より、とても美しい世界も見せてもらっている。

管理するとかマネジメントするとかじゃなくて、大切なものだから、愛をもって自分のHSPと接していきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大スキです☺️🐏
1
私にとって、考えることは生きること。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。