逃げ道確保

普通は就職して自分でお金を貯めてから語学留学なり美容整形なりするのが人として正しい道だろう

それを4年間大学へ行かせてもらった上にさらに留学費用を出してもらおうなんて堅気の人間の発想ではない

いくらなんでも甘えすぎている

それなのにうちの親はあっさりと許してくれた

いや、止めろよ!!笑

コネがだめだったから不憫に思ったのか。。。

まさか英語ペラペラになって帰ってきて外資系企業に就職するなんて夢のようなことはさすがに考えていなかったとは思うが

父親は教育関係にまったくノータッチだったから母親の決断だったと思う

両親ともにかなり放任主義だった

母親は自分が優等生だったからか私が小学生くらいまではかなり教育ママで怖かった

が、私があまり頭が良くないという事実を受け入れたか、幸い弟が優秀でそっちに関心がいったか、中学に入ると口うるさく言わなくなった

今思えば教育という名がついていればお金を出すのを厭わない傾向はあった

そんなこんなでアメリカへ語学留学することが決まった

アメリカ永住は夢見ていたが、まさかヨーロッパに30年近く住むことになろうとは誰も予想していなかった

はずである


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
海外生活が30年になろうとしているアラフィフ女性。ただ今失業中。いずれ日本へ帰国したい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。