見出し画像

営業の基本の“基”

想定質問への備えをすることは基本中の基本!


・お客様からのとっさの質問にあたふたしてしまった経験はないですか?
・直ぐに答えられなくてお客様にそっぽをむかれた経験はないですか?
・案件決着の長期化により営業に自信を持てないと感じた経験ないですか?

これからご紹介することを実践していただくことで、、、

・あたふたオドオド営業からの脱出
・お客様からの信頼が厚い営業パーソン
・自信溢れる清々しい営業スタイルの確立


こういったことを受けとってもらえるよう僕自身の体験も交えながらより実践的なシェアをしていこうと思います!


早速本題に入る前に、、、

画像1

今でこそ僕もどのような質問に対してもお客様にとってご納得をいただける“お答え”をお返しできますが、営業を始めたばかりのダメ営業の頃は恥ずかしいくらい的外れな事を言ってたな〜と…。
(日本語同士の会話とは思えないほどチグハグなことをいってました。笑)


では、なぜそんなことが起きてしまったのか?

それは圧倒的にお客様を想像することをしていなかったからです。


しかし、それではお客様から信頼される営業マンにはなり得ません。



そこで、僕が実戦した3つのことをご紹介します!

①“質問”に対する“答え”で反応が悪かったものを毎日ノートに書きだす

👇

②その日のうちに先輩はどのように伝えてるかフィードバックをもらう

👇

➂質問回答集を作る


これを半年間やり続けました。
気づけばその中でどのお客様からもいただく共通の質問が浮き彫りになっていき、再現性が高い状態を作り出すことが出来上がりました。
(ここでい再現性とは、野球で言う打率が上がった感じです)


すると面白いようにお客様との会話が噛み合い出し、ご提案がより濃いものになり、契約件数が爆発的に伸びました!
(半年前と比べ1.5倍に、、、)


最後に

努力をすることが前提となりますが、いくらバッターボックスに立ってもヒットを打つための努力をしなければそれはただの自己満足になってしまいます。営業のお仕事というのは自分たちのご提案でお客様の現状に“改善”を売ることが大切です。
その為にはコツコツと質問を集め、その“答え”を磨き、お客様の信頼を勝ち取り、営業というお仕事に誇りをもって楽しんでもらいたい!僕は本気でそう考えています。


是非【1分で学べる!今日から使えるシェア】を通して部下教育をし始めて「何を、どうやって教えたら良いかよくわからない…」と悩んでいる新米上司の方の明日のヒントになれたら嬉しいです♪

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキの倍返し💪
3
昭和63年生まれ。北海道出身。 某大手東証一部上場企業に営業マンとして新卒入社。 個人成績全国1位👑 マネージャーとしても全国1位👑 26歳で事業責任者へ🔥 部下指導にお悩みの営業パーソン向けに成果に直結する「営業ノウハウ」と「人材育成」術をシェアしていきます☝️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。