タイ バンコク 〜 カンボジア ポイペト 迄の陸路 イミグレ編

タイ バンコク 〜 カンボジア ポイペト 迄の陸路 イミグレ編

セブンイレブンの脇を抜け1分程歩くと三角屋根の通路が見えてきてそこを抜けるとタイの出国手続きをする場所が見えてくる。

途中から通路が左右にわかれているが右側を進み建物の階段を上り2階に進もう。

イミグレではどこにいくんだ?どのくらいいるんだ?

等の簡単な質問をされる程度で終了。

晴れて出国の手続きが終わるといよいよカンボジアに入国だ。

2〜3分歩くとアンコールワット風のゲートの右側にビザ発行の手続きをする場所がある。

ちなみにここまで1円たりともお金を払うところはないので、これ以前に話しかけて来る人はほぼ100%ぼったくりの代行屋だと思っていい。

入国の手続きだが簡単な用紙に氏名等を記入し身分証で使う写真を一枚とパスポートを提出する。

ちなみにここの職員(国家公務員と思われる)も正規の料金以外に100バーツ(約300円)が必要だ!と言ってくる。。。w

英語でやりとりをすると完全にツーリスト扱いされ、払わないなら通さない!もしくは通してはくれるがかなり時間をかけてしびれを切られて払わせるような嫌がらせをしてくる。

ここで有効なのは料金表を指差しながら

『ヨル ハウイ』(知ってるよ〜、理解している、等の意)

と言うと僕の場合は、なんだよ、知ってたか。。。みたいな感じで100%すんなり通してくれる。

ちなみにここのビザ発行料金の支払いもそうだがポイペトは自国の通貨のリエルに加えタイのバーツ、USドルなど3つの通貨が使用可能だ。

ドルとリエルはカンボジアのほぼ全土で使えるがポイペトに関してはバーツが一番流通しており、買い物をするとほぼバーツで料金を言われる。

なぜバーツが流通しているかというとタイではカジノが合法ではなく、タイのお金持ちがここポイペトにカジノをしにくるからだ。

話が逸れてしまったがビザを張付けてもらったパスポートを返してもらい、さらに道なりに2〜3分進んでいくと右手にカジノが併設された真っ白なホテルが見えてくる。

このカジノを過ぎてすぐ右手に入国の手続きをする場所があるので中に入りここでも所定の用紙を貰い記入をし職員に渡せば入国の手続きは全て完了だ。

この記事は最後まで無料で読むことができますが、戴いたお金はカンボジアの発展に役立つ寄付等に全額使わせて戴きますので皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。

次回 ポイペトってどんな町?につづく。。。

この続きをみるには

この続き: 0文字

タイ バンコク 〜 カンボジア ポイペト 迄の陸路 イミグレ編

Hiroto JAPAN

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
世界最貧国のひとつといわれるカンボジアでの起業と支援活動を通して日本とカンボジアに元気を届けようと目論む永遠の17歳☆ほとんどの記事が無料で読むことができますが戴いたお金はカンボジアの発展に役立つ寄付等に全額使わせて戴きますので温かいご支援をよろしくお願いします。