見出し画像

みんな文章がうまい!!

noteを読んでいるとみんな文章がうまい。どうやったらそんな上手に文章を書くことができるようになるのだろう。小さい頃から多くの本を読んで学んだのか。文章を書くのが上手になるような参考書でもあるのだろうか。そうでなければみんな国語の才能があるのだろうか。

とにかくみんな文章がうまい。国語の才能があると言うか作文の能力が高い。いや、もちろん評論家みたいなことを言いたいのではない。評論家みたいなことを言いたいのではなく、毎日のようにnoteにあげられる文章群のどれもが素晴らしいことを伝えたいだけだ。どれもこれも感心するものばかりだし、文章力に敬服してしまう。

一度読み終わった文章を最初から読み直してみるとよくわかる。内容は言うまでもなく興味を引くものばかりだ。さらには内容だけでなく文章そのものが面白い。だから気付いたら二度も三度も読んでいる。

素晴らしい文章というのは何度読んでも面白い。なぜなら読むたびに視点が変わり、ひとつの文章に沢山の価値観が生まれるからだ。書いてあることは同じなのに読むごとに面白さが変わっていく。面白いと思わせるだけの文章はやっぱり一味違う。

ひとつの曲を同じ人が聴くのだって、それを聴く年齢によって印象が変わる。小さい頃には歌詞の意味も曲調も好みでなくたって成長したら好きになるかもしれない。歌詞の意味に共感し、曲調に心を躍らせ、曲の内容に自分を重ねるようになっていく。

音楽に限らず映画やアニメもそうだ。ジブリ作品は誰しもが年齢の変化に伴う印象の違いを体感するだろう。子供の頃に見たジブリでは、登場してくる子供と同じようにドキドキし、身勝手な大人たちの自己満足のために翻弄される世界に心が痛くなるのを感じたはずだ。

ところが成長すると環境が変わっていく。年齢を重ねて恋をするようになる。友達が増える。人間関係が希薄になる。就職する。部下ができる。子供が産まれて親になる。成長した子供と対立するようになる。自分の老いを憎む。時が進み、誰もが「それぞれの大人」を体験していく。

そして大人になってからジブリを見返してみると新しい発見がある。あの時は子供の視点でしか見れなかったものが、大人の視点で見えてくる。人によっては学生の立場をみる。人によっては社会人の立場をみる。人によっては父親の立場をみる。

沢山の経験を積んだからこそ違うものが見えてくる。同じ作品であっても、つい何度も見てしまうのは見るごとに視点が変わるからだ。見るごとに視点が変わるから新しい見方ができるようになる。新しい見方ができるから同じ作品でも飽きることなく何度も見てしまう。見るたびに視点が変わる作品というのはそれだけ多くの価値を含んでいるのだ。

みんなが書いた文章にも同じ感覚を覚える。一度読んだ文章でも、すぐに読み返してみたり少し時間を置いてから読み返してみるだけでも違った側面が見えてくる。

読むごとに文章がじわじわと五感を刺激してくる。酸っぱいようで硬く、熱いようで眩しい。情熱は沸騰し、悲壮感は水面を這う。自分で体験したわけでもないのに、世界の中に「どんっ」と降り立ったような再現性がある。どの文章もエキサイティングでドラマチックだ。

何気ない日記でもその人なりの感覚や考え方がありありと見えてくる。文章を成す一文字、一文字がペタペタと歩き出してはこちらに語りかけてくるようだ。文字たちによって語られる物語はある人間の、ある一瞬を切り出しただけに過ぎないかもしれない。それでも十分な説得力と迫力を持って文章が自分の中に迫ってくる。

迫り来る文章の恐ろしさを避けることは到底できるものではない。心の中心でその人らしさを受け取らなければ失礼だ。文章が放つ衝撃によって圧倒されてしまうような自分の未熟で浅短な浮ついた心に恥をかいてしまう。

ただの体験の羅列ではない。感想と感動が重なって文字にゆらゆらと人間が現れる。濃厚で密に詰まった文字の配列を飲み込めば舌は痺れ胃が痙攣する。みんなそういう文章の書き手だ。これを才能と努力によって自分のものにしている人たちがこれほど大勢いるとは感服しただただ読み手に回ることしかできない。

純文学と言われる高尚なものでなくても、書き手の思いが込められていれば必ず多くの価値を含んでいる。多くの価値は人の脳と心を刺激し続ける。みんなの文章にはこの「多くの価値」がある。

読むという行為によって人間同士がリンクしてく。その重なりに含まれる価値の重さは人間と言う生き物に独特の色調を与える。これからもたくさんの文章が生まれていくだろう。どんな色を味わうことができるのか楽しみだ。

————————— ✂ —————————

フォロー、スキ、コメントありがとうございます!!
noteにはクリエイターをサポートする機能があります。
もし作品を気に入って頂けたときは下にある「サポートをする」からサポートをお願いします!!
頂いたサポートはnoteの記事を書くために使う本などの購入費や勉強費用に充てさせてもらいます。
将来的にサポートがたくさん貯まったときは皆様にイベントなどの形で還元できたらと考えています。
よろしくお願いします!!


————————— ✂ —————————

この記事が参加している募集

推薦図書

自己紹介

noteでよかったこと

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはnoteの記事を書くために必要な本や資料などを買う購入費として使用します!!もし気に入っていただけたならサポートお願いします!!!

他の記事も読んでみる??
3225
某私立男子高校→東京大学→東京大学大学院(専門:理学、工学) / みんなのnoteを読むのが好き /相談のある方はTwitterまでお願いします。

こちらでもピックアップされています

日記
日記
  • 429本

思いついたこと、体験したこと、気になったことなどを書いていきます。

コメント (34)
私もそう思うわ。皆上手いわよね
記事いいですね👏
よかったら私たちのnoteも覗いて見て下さい❗️
20卒有志で活動しております✨
そういうだいふくさんも、上手な書き手ですよ! 文章の巧拙って、つまるところ読み手が情景や論理関係がイメージしやすい文章かどうかだと思います。構成力と表現のレパートリーなのかなと。かくいう私、文章力を磨きたいと考え、Udemyで文章術の講座を買ったり、いろいろと勉強はしているけど、文章力ってそんなことで向上するのだろうか? たくさん読んで、書いてを高速に回すのが良いとか言う。いかん、こんなつまらん文章しか書けない・・・
うまいというか、うまくなるんだろうね。書いてるとさらに
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。