見出し画像

地球は太陽に恋している

地球は太陽に恋していると思う。

じゃなかったらこんなに暑いのはおかしい。気象予報士はエルニーニョだのラニーニャだの言っているが今年の暑さは気象現象のせいではない。環境評論家や環境保護団体は二酸化炭素排出が引き起こす地球温暖化だと言っているがそれも違う。恋が燃えているからだ。

現代人はスマートフォンやパソコンなどに集中しているから気付くことができないでいる。この記事を読んでいる多くの人も聞こえていないだろう。よく耳を澄ましてほしい。蝉たちの鳴き声に混ざって聞こえてくる何か。みんなにも聞こえるはずだ。

そう。この轟々と鳴り響く暑さの喧騒は恋が燃えている音だ。熱帯に住む極彩色の鳥たちが求愛のため森全体に響き渡るほどに鳴き声をあげるのと似ている。地球や太陽もお互いの気持ちを伝えるために大きな声をあげて愛を伝えているのだ。

おかげさまで北半球は壊滅的に暑い。おそらく地球は「夏だから」と言い訳をして北半球を少しだけ太陽に近づけている可能性がある。

もし去年や一昨年に撮った太陽の写真があるなら今年の太陽と見比べてほしい。どうだろうか。太陽が少し大きいはずだ。これは地球が北半球を太陽に近づけているという事実を説明する確たる証拠である。

体を半分預けたくらいで気持ちが揺らぐほど太陽はチャラついてはいないはずだ。と、太陽に目を向けるとどうやら太陽も地球にやられているらしい。視界が霞むほどの熱視線を地球に向けている。二人は相思相愛なのだ。

地球の表面の一部を間借りしている生き物としてワガママは言えない。ワガママは言えないのはわかっているがやめてほしい。二人で盛り上がる恋愛は楽しいかもしれないが巻き込まれる人間の気持ちも少しは考えてほしい。

思えば二人はそのむかし、冷めた関係にあった。二人の関係が冷めたせいで地球は氷河や氷床に覆われた。気温は大きく下がり生物はまともに生命を維持できなくなってしまった。そして多くの動物が絶滅という運命を迎えることになったのだ。人間がいうところの氷河期である。

氷河期が和らぐと気温は温暖になっていった。生物たちは生き生きと活動範囲を広げていく。人間の活動も活発になっていった。このとき地球と太陽は一時復縁したかのように思われた。

しかし、江戸時代になると小氷河期と呼ばれるような時期になった。今から三百年くらい前も地球と太陽は冷めた関係になったのだ。しばらく続いた冷戦状態も終わりを迎えて、現在は異常気象と呼ばれるほどの再燃である。

太陽「ぼくたち冷めた時期もあったけど、また元に戻れてよかったね」

地球「えへ、大好き」

「えへ、大好き」じゃない。二人の恋の行方が我々人類の生存に関わっているのだ。昨日も外出したが体力メーターが減っていくのが自分でもわかるくらい暑かった。最初は緑色をしていたメーターが段々と黄色から赤へと変わっていく。

ウルトラマンが日本に降り立ったら30秒でカラータイマーがピコンピコンしてしまうだろう。いくらウルトラマンとはいえ30秒で怪獣を倒すのは無理だ。日本が怪獣に襲われてもこの暑さでは誰も助けてはくれない。

植物たちからするとこれだけ晴れたら嬉しいだろう。葉緑体も大忙しだ。お盆だというのに書き入れ時と言ったところだろうか。毎日せっせと光合成を行っている。きっと朝顔や紫陽花はサトウキビよりも甘いに違いない。

植物が夏の太陽で元気になるならぼくは逆植物だ。夏の太陽を浴びるたびにどんどん体力を奪われていく。逆光合成だ。このまま地球の恋が続けば今年生まれてきた蝉たちと共に一夏の命を終えることになるだろう。

道端に落ちている蝉のようにアスファルトの上でひっくり返って足をギュってしていたらぼくだと思ってほしい。そして見つけた人は優しくツンツンしてみてほしい。生きていたら「ジジッ」とひとことお礼を言って飛んでいくはずだ。

ツンツンしても動かないようであればこっそり街路樹が植わっている土のところに埋めてあげてほしい。また来年、蝉になって帰ってくるだろう。

この記事が参加している募集

推薦図書

自己紹介

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはnoteの記事を書くために必要な本や資料などを買う購入費として使用します!!もし気に入っていただけたならサポートお願いします!!!

他の記事も読んでみる??
172
某私立男子高校→東京大学→東京大学大学院(専門:理学、工学) / みんなのnoteを読むのが好き /相談のある方はTwitterまでお願いします。

こちらでもピックアップされています

日記
日記
  • 385本

思いついたこと、体験したこと、気になったことなどを書いていきます。

コメント (13)
大野弘紀さん
ありがとうございます!
地球が37 度以上になる時、わたしはいつも地球が妊娠したのだと思っていた。子宮の中の温度を思った。だいふくさんの文章、すき。
初めまして^^
なんと。。。地球は月とラブラブだと思っていたのに。。。
びっくりしました!!
蓮華さん
はじめまして、ありがとうございます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。